広瀬すず&池田エライザ、90年代ルックを完コピ!『SUNNY』メイキング写真

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
90年代にタイムスリップ! - (C) 2018「SUNNY」製作委員会

 篠原涼子が主演する映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(8月31日公開)のメイキング写真が公開された。“写ルンです”で撮影された写真には、広瀬すず池田エライザらが90年代ルックを完コピしたコギャル姿が収められている。

【画像】可愛すぎ!広瀬すずらコギャル姿を「写ルンです」で撮影

 本作では、かつて青春を謳歌(おうか)した女子高生の仲良しグループ“SUNNY”が、友情と人生の輝きを取り戻そうと奮闘する姿が描かれる。公開されたメイキング写真は、高校時代のSUNNYのメンバーを演じた広瀬、池田、山本舞香野田美桜田辺桃子富田望生の姿を、90年代に流行した“写ルンです”で撮影したもの。そのなかには本編の撮影中にキャストたちが撮り合ったオフショットも含まれている。

[PR]

 ルーズソックスやショップバックなどのアイテムから、肌や髪色、眉の細さに至るまで、当時のコギャルのスタイルを見事に完コピした6人。そんな彼女たちは90年代後半生まれということもあり、クランクイン前に「コギャル講座」を受けて90年代のファッションや流行について学び、現場でも元コギャルの人たちから「コギャル指導」を受けたのだという。懐かしいフィルムの質感と相まって、90年代の空気感が漂ってくる完成度の高い仕上がりになっている。

 日本でもヒットした2011年の韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』を、『モテキ』『バクマン。』の大根仁監督が日本に舞台を移して、90年代に流行した音楽やファッションと共に再構築した本作。当時の音楽シーンを席巻した小室哲哉が音楽を担当し、郷愁を誘う90年代の名曲が本編を彩る。現在のSUNNYメンバーを、主演の篠原のほか、板谷由夏小池栄子ともさかりえ渡辺直美が演じる。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]