ジェニファー・ビールス、大ヒット恋愛小説の映画化に出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
主人公の同級生の母親役 - ジェニファー・ビールス - Barry King / Getty Images

 アメリカの小説サイトWattpadで大ブレイクした恋愛小説「After」の映画化作品に、映画『フラッシュダンス』やテレビシリーズ「Lの世界」のジェニファー・ビールスと、テレビシリーズ「The OC」などのピーター・ギャラガーが出演することになったと、Deadline.comなど多数のメディアが報じた。

【写真】ジェニファー・ビールス出演ドラマ「Lの世界」より

 アメリカ、ヨーロッパ、オセアニアで刊行と同時にブックランキングの上位に入り、ロングセラーを記録している本小説の著者は、本作が処女作となるアナ・トッド。堅実な人生を歩み、大学に入学した主人公テッサが、ミステリアスで破天荒な男性ハーディンに出会い、これまでの価値観を覆される。と同時に、彼にどうしようもなく惹かれていき、情熱的な恋に落ちる……というもの。

 主演には、新星ジョセフィン・ラングフォードと、テレビシリーズ「SAFE 埋もれた秘密」などのヒーロー・ファインズ=ティフィンが決定。ビールスはテッサの同級生の母親、ギャラガーはハーディンの父親の役をそれぞれ演じる予定。2019年4月より全米公開予定。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]