横山裕、色白に劣等感「照明さんがざわつく」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
横山裕

 関ジャニ∞横山裕が22日、都内で行われた映画『累-かさね-』完成披露試写会に登壇し、意外な劣等感を明かした。

豪華キャストが集結!【ほか写真】

 松浦だるまの人気漫画を実写映画化した本作。それぞれの欲望を満たすため、キスした相手の顔を奪える不思議な口紅を使って顔を入れ替える醜い累(芳根)と美しきニナ(土屋)が、次第に欲望と嫉妬心を抑えられなくなっていくさまを描く。この日のイベントには、土屋太鳳芳根京子檀れい浅野忠信佐藤祐市監督も来場した。

[PR]

 横山が登場すると、ひときわ大きな黄色い歓声が会場を包み、横山は「こんばんは!」とご機嫌にあいさつ。横山演じる新進気鋭の舞台演出家・烏合零太は累とニナから思いを寄せられる役柄で、「プライベートと何ら変わりがない」と自身もモテ男であることを強調して笑いを誘いつつ、「こんな光栄なことはないな。ありがたいなと思いました」と感謝した。そして、「お二人の熱量が爆発していて、僕も圧倒されました」と土屋と芳根の演技力に舌を巻いた。

 一方で、土屋からは「中学生の頃に観ていたドラマの(横山の)感情的なシーンが素敵で目に焼きついていたので、今回ご一緒させていただいて嬉しかったです」と感激される場面も。土屋は「烏合さんはあまり動かないし、表情も動かないんですけど、目の表情が変わる瞬間が素敵なので、烏合さんの目に集中して見ていただけたら」と横山の見どころもアピールした。

 本作は「劣等感」をテーマにした作品であることから、自身が持つ優越感と劣等感を尋ねられると、横山は「優越感はライブをしているときに、関ジャニすごいなというのはよくあります」と回答。さらに、「劣等感は色の白さ」と明かすと、「撮影とかで、僕が急にカメラ前に立つと照明さんがざわつくというか、『コイツ白いな。照明変えなきゃ』みたいな。申し訳ないなと思う」とぶっちゃけて、会場の笑いをさらっていた。

映画『累-かさね-』は9月7日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]