篠原涼子、10歳の長男から絶賛!『SUNNY』は今までで一番の作品

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
主演を務めた篠原涼子と広瀬すずら共演者たち

 女優の篠原涼子が31日、都内で行われた映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』初日舞台あいさつに出席。作品を観たという篠原の10歳になる長男が「今まで生きていて一番いい作品だった」と話していたというエピソードを明かし、広瀬すずら共演者を感動させていた。

広瀬すずらカラフルなドレスで登場!【写真】

 本作は、かつて青春を謳歌(おうか)した女子高生の仲良しグループ「サニー」が、友情と人生の輝きを取り戻そうと奮闘する姿を描いた物語。篠原ふんする奈美は、高校卒業後、高収入の夫と一人娘に囲まれ、生活に不自由なく専業主婦として暮らしていたが、グループのリーダー・芹香との再会をきっかけに、刺激的な生活を取り戻していく。

[PR]

 作品を鑑賞した人と出会うたびに、とても良い感想をもらっていることを明かした篠原。なかでも10歳になる長男が作品を観て「今まで生きていて一番良い作品」と話していたことを感激した面持ちで口にすると、共演者たちも感動を覚えた様子だった。篠原は「10歳の子でも共感できる作品なんだな」と息子の言葉に自信を深めたという。

 奈美の高校生時代を演じた広瀬も他の現場に行くと、篠原と同じく称賛の言葉をもらうことが多いそうで、試写室で一緒に作品を観たという共演者のリリー・フランキーからは「こんなに声を出して笑った映画は初めてだ」と絶賛され、長文の感想メールをもらったエピソードを披露した。

 この日は、篠原と広瀬のほか、板谷由夏ともさかりえ渡辺直美池田エライザ山本舞香野田美桜田辺桃子富田望生大根仁監督も出席し、それぞれが大笑いしたり、涙を流したりしたというお気に入りのシーンを挙げながらトークを繰り広げた。

 公開前から多くの反響があった本作。『モテキ』シリーズや『バクマン。』などのヒット作を世に送り出してきた大根監督は「娘を嫁に出す感じ」と初日を迎えた心境を表現。そして「僕が女性を撮った映画は初めて。いつも怒られてばかりのリリーさんからも『女性映画として素晴らしかった』と褒めてくれたんです」と感無量な表情を浮かべていた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]