シネマトゥデイ

北川景子「家売るオンナ」続編ドラマ放送!結婚後のストーリーが展開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
再び三軒家万智を演じる北川景子

 2016年に連続ドラマ、2017年にスペシャルドラマが放送された「家売るオンナ」シリーズの続編が来年1月からスタートすることが明らかになった。「家売るオンナの逆襲」というタイトルで、主演を引き続き北川景子が務める。

北川景子が華麗に家を売りまくる!「家売るオンナ」&スペシャルドラマ場面写真

 不動産屋の天才的な営業ウーマン・三軒家万智(北川)が剛腕を発揮して、さまざまな問題を解決しながら家を売りまくるという痛快ストーリーが展開する同ドラマ。万智の個性的なキャラクターや「GO!」「私に売れない家はない!」といった決めゼリフが話題となった。台湾やシンガポール、タイなどでも放送され、中国ではリメイクが決定するなど、アジアでも高い人気を集めている。

[PR]

 昨年のスペシャルドラマ「帰ってきた家売るオンナ」のラストシーンでは、万智が課長の屋代(仲村トオル)にプロポーズするという展開を迎えたが、この続編では2人が結婚して夫婦となっていたことが明らかに。また、前作に引き続いて庭野(工藤阿須加)や足立(千葉雄大)らテーコー不動産のメンバーも登場し、彼らの現在も描かれていくという。

 再びの連続ドラマ化を受けて北川は「キャストのみなさんもオリジナルメンバーが集まってくださるということで、感謝感激です。今回も驚きの方法で家を売って売って、売りまくります。テーコー不動産のみなさんと、平成最後に大暴れしたいと思います」と意気込みを口にした。

 脚本を担当するのは、これまでもシリーズを手掛けてきた大石静。「第1シリーズが終了して2年。長いものに巻かれていればお気楽という、無責任な風潮に、ニッポンは覆われています。そんな我々の心を、三軒家万智がぶった斬ります。家売るオンナと家買う人、そして相変わらず頼りないテーコー不動産の面々が織りなす抱腹絶倒の物語で、視聴者のみなさまも、常識の壁を打ち破って下さい」と見どころを明かしている。(編集部・大内啓輔)

ドラマ「家売るオンナの逆襲」は日本テレビ系にて2019年1月放送スタート(毎週水曜22時~)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]