知英には悪いところがない!初対面で武田梨奈ベタ褒め

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
実はこの日が初対面! 『殺る女』知英と武田梨奈

 元KARAのメンバーで女優の知英と、武田梨奈が3日、シネ・リーブル池袋で行われた日米合作映画『殺る女』完成披露上映会に出席、人生におけるターニングポイントについて語った。この日は宮野ケイジ監督も来場した。

【画像】知英&武田梨奈!『殺る女』フォトギャラリー

 日本、韓国、アメリカ、フィリピン、タイ、デンマークなどワールドワイドな俳優陣が集結した本作は、ミスをしない殺し屋の愛子(知英)が、とある事件をきっかけに運命を狂わされていくさまを描き出した復讐劇。観客からの声援が飛ぶ中、知英は、「ようやくこの日が来ました」と晴れやかな表情を見せた。

[PR]

 寡黙な殺し屋という役に知英は、「最初はセリフがなくてラッキーだと思いましたけど、現場に入ったら違いましたね」と苦笑い。キャラクターの悲しみを目の演技で表現しなければならず、苦心したことを明かす。武田も「撮影に入る前は闇を抱えながらすごしていました。普段、タバコは手にしないのですが、役づくりで1か月タバコを吸っていて。喉がゲーッとなって吐きそうになりながら、苦しかったです」と明かすなど、それぞれに苦労の多い役づくりだったようだ。

 そんな2人は、撮影シーンが別であったため、実はこの日が初対面。そこで武田の印象について尋ねられた知英は、「かわいいです。とても素敵な笑顔に惹かれました。武田さんといえばアクションがすごいじゃないですか。でもスクリーンの武田さんは、とてもか弱い感じの、すてきな女性で。こういう面があるんだというのが新しい発見でした」とコメント。一方の武田は、「天然記念物のようというか。知英さんって実際にいたんだというような。透明感があって。お芝居も歌もダンスもできて。言葉も話せるし、性格も優しい。悪いところがひとつもなくて悔しいです。知英さんになりたいです」と語るなど、お互いに好印象を抱いた様子だった。

[PR]

 またこの日は、とある事件がもとに、登場人物たちの運命が変わる内容にちなみ、「人生のターニングポイント」を尋ねられる一幕も。まずは武田が、「10年前に『ハイキック・ガール!』で主演をしたことがターニングポイントですね。中学生の時から映画には出させてもらっていましたが、ちゃんと映画界に正式に迎え入れてくれた作品だったので、それがあってから全てがあるなと思うので。10年前の自分に良かったねと言いたいです」と振り返ると、知英も「やはり女優をはじめたことじゃないかなと思います。第2の人生を生きている感じなので。しかも日本で活動ができることも、人生において大きなターニングポイントだし。いろんな出会いを大切にしたいと思っています」と充実した表情を見せた。(取材・文:壬生智裕)

映画『殺る女』は10月27日よりシネ・リーブル池袋ほかにて全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]