『シュガー・ラッシュ』新作で大活躍!大阪生まれアニメーターあふれる才能

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ヴァネロペ、ラルフと一緒に 『シュガー・ラッシュ:オンライン』アートディレクターのアミ・トンプソンさん

 ディズニー・アニメーション最新作『シュガー・ラッシュ:オンライン』(12月21日全国公開)のアートディレクター/キャラクターデザインを担当した、大阪生まれのアニメーター、アミ・トンプソンさん。ウォルト・ディズニー・アニメーション入社3年でアートディレクターに抜擢されたホープに、制作の裏側や将来の展望を聞いた。

【動画】ディズニープリンセスの豪華共演シーン『シュガー・ラッシュ』新作予告編

 ゲーム世界の住人であるヴァネロペとラルフが、壊れたレースゲーム“シュガー・ラッシュ”のハンドルを求めてインターネットの世界に飛び込む本作。アミさんは、主要キャラクターから、ネット世界で生きる何万人ものアバターまで、膨大な数のキャラクターのデザインを手掛けた。

[PR]

 「ディズニーの技術はどんどん進化していて、人物表現も前作以上にリアルになりました。そのうえで、本当に素敵な前作のイメージを壊さず、キャラクターの個性も同じように表現したかったので、1作目を何度も見返しては絵を描いて、とにかく勉強しました」

 そんなアミさんの仕事のなかでも、アニメーション史に残ると言っても過言ではない作業が、シンデレラやエルサなど14名のディズニープリンセスたちのデザインだ。「2Dアニメーションのシンプルで素晴らしいデザインを3Dにするのは、本当に難しかったです。一気にディテールが増えるので、プリンセスたちの服の生地から、髪型のセットの仕方まで、ひとつひとつ考え抜いて作っていきましたね」

アミさんの描いたプリンセスたち(C)2018 Disney. All Rights Reserved.

 その仕事ぶりは、監督のリッチ・ムーアフィル・ジョンストンも「彼女は、ものすごい量の仕事をこなしてくれた。才能にあふれていて、素晴らしいよ」と激賞するほど。大変な仕事だが、ディズニーの自由な社風も仕事の助けになったとアミさんは語る。「最初はみんな、(プリンセスの共演は)実現しないと思いました。本家でこんなことをしていいの!? って。それでも絶対に作りたいんだと本社に言ったら、ぜひやってくれと言われて、むしろ全力でサポートしてくれました」

[PR]

 自由といえば、本作では、ドレスを脱ぎ捨てたプリンセスたちが部屋着姿でリラックスする場面も見どころ。「みんなでアイデアを出し合ってデザインして、白雪姫は『毒りんごを食べても生きていた自分を誇るべきだよ』ってシャツに毒リンゴをデザインしたり、長袖を着てるエルサに『寒くないわ』って歌ってるけどホントは寒いんでしょ? なんてジョークを言い合ったり。プリンセスもヴァネロペみたいなシャツを着ていてもいいじゃない? という自由な心を反映させているんです。アリエル(『リトル・マーメイド』)だけは自分の足を見たいはずだと思って、足元は裸足にしています。そうして、プリンセスそれぞれの個性も大事に、想像しながら描いていきました」

 小学生のころに、大阪からカナダに移住したアミさんは、スタジオジブリやディズニーでのインターンを経て、STUDIO 4℃でキーアニメーターを担当。2014年からディズニーに在籍している。「セーラームーン」が大好きで、無類のゲーム好き。アートディレクター就任に「正直、今でも驚いています。本当に何でだろうと(笑)」と謙遜するが、彼女のSNSに投稿された、セーラー戦士や名作ゲームのイラストを見ると、異例の抜擢もうなずける。

[PR]
アミさんの描いた「セーラームーン」のイラスト(Ami Thompson @ladyadorabeezleのtwitterスクリーンショト)

 学生時代に手掛けた短編アニメ「Basilisk」もジブリの新作短編と見まがうクオリティーで、アニメーターとしての才能も計り知れないアミさん。「もちろん、いつかは自分のアニメーションを作りたいです」と将来の夢を語ると共に「でもまだまだ未熟で、学ぶことはいっぱいありますから、できれば近いうちにまたアートディレクターのお仕事ができればと祈っています」と笑みを見せた。(編集部・入倉功一)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]