刀剣男士・鈴木拡樹、座長としての頼もしい一面を絶賛される!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
鈴木拡樹

 俳優の鈴木拡樹が27日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた『映画刀剣乱舞』完成披露上映会に出席した。青のタキシード姿でファンの前に登場した鈴木は、共演者から撮影中、座長として撮影現場をけん引したエピソードを次々に披露されると、照れくさそうな笑顔を見せていた。イベントには、鈴木同様、タキシードを身にまとった荒牧慶彦北村諒和田雅成岩永洋昭定本楓馬椎名鯛造廣瀬智紀、そして耶雲哉治監督も出席した。

【写真】刀剣男士たちの美しいタキシード姿!

 本作は、名刀を擬人化した“刀剣男士”たちが、歴史の改変を防ぐために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を原案に、多方面でのメディアミックスで人気を博しているコンテンツを初めて映画化したもの。歴史改変の危機が迫る「本能寺の変」を刀剣男士が守り抜く姿が描かれる。

[PR]

 鈴木は舞台と同じく三日月宗近役を演じており「舞台版のキャストがそのまま数名映画にも出演させていただけたのはうれしかった。舞台の経験をしっかり映画に反映できればいいなと思って臨みました」とこれまでの経験が作品に活きていることを強調する。山姥切国広役の荒牧も「作品を作る前段階から、キャストの意思疎通ができていたことは大きかった」としみじみ語ると、日本号役の岩永や、骨喰藤四郎役の定本ら初参加組とも、しっかり意思疎通ができ、楽しい雰囲気で撮影が進められたと振り返った。

刀剣男士がずらり

 こうした良い雰囲気を作り出していたのが座長の鈴木の立ち振る舞いだったという。定本が撮影の合間に、殺陣の練習をする鈴木を見て勉強していたと明かすと、へし切長谷部役の和田は「現場でお腹が空くことも多いのですが、そんなときは拡樹さんがお菓子を持ってきてくれるんです」というほのぼのエピソードを披露。さらに荒牧も「夜の撮影で寒いときに『寒いよね』と言ってカイロを配ってくれました」と鈴木の細やかな心配りに感激していた。
 
 作品の大ヒットを誓った鈴木は最後に、「この映画ではドローンでの撮影が結構あったのですが、実は最後のシーンでドローンを弓で射抜いてしまい、一台失ってしまったんです」と撮影でのアクシデントを告白。それでも「まさに大ヒットです。縁起が良いととらえて、映画も大ヒットしてほしいです」と力強く客席に呼び掛けていた。(磯部正和)

『映画刀剣乱舞』は2019年1月18日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]