作品賞は『ザ・ライダー』 全米映画批評家協会賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『ザ・ライダー』より - Sony Pictures Classics / Photofest / ゲッティイメージズ

 全米映画批評家協会(NSFC)が第53回NSFC賞を発表し、頭部損傷でロデオ人生を終えることになった若きカウボーイが、新しい自分と人生の目的を探す姿と、アメリカ中部の男とは何かを描いた映画『ザ・ライダー』が作品賞を受賞した。

【写真】三冠の『ROMA/ローマ』

 アルフォンソ・キュアロン監督の『ROMA/ローマ』は作品賞では2位だったものの、外国語映画賞、監督賞、撮影賞の三冠を獲得。ほかには、今年の賞レースでおなじみの『女王陛下のお気に入り』のオリヴィア・コールマンや『ファースト・リフォームド(原題)/ First Reformed』のイーサン・ホークらが受賞を果たしている。主な受賞結果は以下の通り。(澤田理沙)

[PR]

■作品賞 『ザ・ライダー』

■監督賞 アルフォンソ・キュアロン 『ROMA/ローマ』

■男優賞 イーサン・ホーク 『ファースト・リフォームド(原題)』

■女優賞 オリヴィア・コールマン 『女王陛下のお気に入り』

■助演男優賞 スティーヴン・ユァン 『バーニング 劇場版

■助演女優賞 レジーナ・キング 『ビール・ストリートの恋人たち

■脚本賞 アーマンド・イアヌッチデヴィッド・シュナイダーイアン・マーティン 『スターリンの葬送狂騒曲

■撮影賞 アルフォンソ・キュアロン 『ROMA/ローマ』

■外国語映画賞 『ROMA/ローマ』
ほか

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]