『がっこうぐらし!』実写化キャスト、エゴサーチして泣きそうに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
映画『がっこうぐらし!』公開記念舞台あいさつの様子

 ラストアイドル阿部菜々実長月翠間島和奏清原梨央が26日、都内で行われた初主演映画『がっこうぐらし!』の公開記念舞台あいさつに出席した。人気漫画の実写化のプレッシャーと戦うことになったが、SNSで公開後の反響が好評なことを報告し、「頑張ってよかった」とうれしそうな表情を見せた。

ゾワッ…『がっこうぐらし!』フォトギャラリー

 本作は、アニメにもなった同名漫画を実写化したサバイバルホラー。学園で共同生活を送る4人の女子高生の日常と、生き残りをかけた戦いを描く。この日はラストアイドルのほか、エンディングテーマ「マイクロコスモス」を歌うWi-Fi-5高野渚トミコ・クレアさぃもん白鳥来夢、本作のメガホンを取った柴田一成監督も登壇した。

[PR]

 阿部は「無事に公開を迎えられてよかった。でもあんまり全国でわたしたちの映画が公開されている実感はないです」と感慨深げ。公開まではメンバーそれぞれ実写化のプレッシャーが大きかったことを明かし、長月は「ファーストインプレッションはネットでは良くなかったんです。実写化はこのご時世好まれないので、その後はエゴサーチもしていなかったのですが、昨日してみたら、最初と違って『原作に愛を持ってやってくれてありがとう』という意見をたくさん頂けた。朝から電車で泣きそうになりました」と報告した。

 間島も「実写化はあんまり歓迎されるものでもないし、自分も原作が好き。公開されるまでいつ批判されてもおかしくないと思っていたんですけど、いろんな評判を聞いて、最初ほどではないけどプレッシャーはずいぶん楽になってきました」とコメント。清原も「反響がすごくよくて、毎日エゴサーチして、今は反応を見ながらニヤニヤしています」と映画を観たファンの反応に驚きを隠せない様子だった。

 映画初出演にして主演ということで、女優力も試された一作となった。壇上では柴田監督から表彰状の授与も行われ、監督がそれぞれのメンバーの成長を評価。阿部は「演技をする前は女優には絶対ならないって思っていたけど、今回、演技をする楽しさを知れた。また挑戦してみたいです」と充実の表情。柴田監督も「みんなの成長を間近に見られて貴重な経験ができた。アイドルの学芸会と言われることだけは覆してやろうと思っていたけど、それを本当に覆してくれた。頑張ってくれた」とメンバーの健闘をたたえていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『がっこうぐらし!』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]