松岡昌宏「家政夫のミタゾノ」再び!伊野尾慧、川栄李奈と3人体制に

今度は3人体制に!
今度は3人体制に! - 提供:テレビ朝日

 松岡昌宏主演のドラマ「家政夫のミタゾノ」パート3が、テレビ朝日系にて4月クールから放送されることが明らかになった。今作から伊野尾慧川栄李奈も新たに出演することも発表された。

松岡昌宏、剛力彩芽ら前回の出演者たち【写真】

 2016年10月クールで初放送、2018年4月クールにパート2が放送された同ドラマ。女装した大柄な家政夫・三田園薫が派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”を落としていく痛快なストーリーが展開する。パート2の終わりに「I' ll be back」と言葉を残していた三田園が1年ぶりに戻ってくる。

[PR]

 パート3では、Hey! Say! JUMP の伊野尾と、話題のドラマへの出演が続く川栄が参戦することも発表。最恐家政夫の三田園ともに3人体制になるという。伊野尾が演じるのは、むすび家政婦紹介所の所長・結頼子(余貴美子)の甥で、社会経験を積むために家政夫として働きにやってきた見習い家政夫の村田光。愛らしい顔立ちと人を信じやすい素直な性格の持ち主だ。一方の川栄は「若いけれども優秀」という、高い家事スキルを持つ若き家政婦・恩田萌にふんする。勝ち気で疑り深い性格で、2人とどんな化学反応を見せるのか期待が高まるところ。

 「約1年ぶりの三田園薫との再会ですが(笑)、今日も20分ほどでメイクを済ませることができました」という松岡。先日亡くなった「家政婦は見た!」などで知られる市原悦子さんについて触れて「いろいろな方が“家政婦”という役を演じてこられましたが、どんな作品も続けていくことが大切なんだと強く思っています。この『家政夫のミタゾノ』も、自分の代表作のひとつとして、少しでも長く続けていきたいと思います」と意気込みを口にしている。

 事務所の先輩との共演となった伊野尾は「なかなかない機会ですので、お話をいただいたときは驚きました。さらにそれが『家政夫のミタゾノ』という人気シリーズということもあり、プレッシャーも感じていますが、“新たなパワー”になれるよう頑張らなくてはいけないと思っていますし、いろんなことを先輩から学んでいきたいです!」とコメント。川栄も「まさか自分がそこに出演することになるとは思ってもいなかったので、すごくうれしかったです。何よりも、私の母がドラマのファンなので、とても喜んでいました(笑)」と喜びの言葉を寄せている。

[PR]

 パート3は、アラブのとある国で石油を採掘する一族に仕えていた三田園が、所長からの電話で日本に呼び戻されるところから物語がスタート。帰国した三田園を待ち構えていたのは、頼子の甥っ子・光(伊野尾)を一人前にするというミッション。脱税疑惑をかけられ、営業停止に追い込まれていたむすび家政婦紹介所も無事に再開し、三田園は光と若き家政婦・萌(川栄)とともに依頼人を訪れることになる。(編集部・大内啓輔)

金曜ナイトドラマ「家政夫のミタゾノ」は4月スタート(テレビ朝日系、毎週金曜よる11時15分~0時15分)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]