Netflixがランダム表示を実験中 性的指向の表示順を否定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
Pascal Le Segretain / Getty Images

 3月15日に配信がスタートしたNetflix短編アニメアンソロジー「ラブ、デス&ロボット」が、視聴者の性的指向によってエピソードの順番表示が違うとネットで話題になっている。

 同ドラマは全18エピソードで一話完結の短編からなるため、どんな順序で観ても問題はないが、人によって表示が違うということに、ある視聴者が気づいたとDeadlineなどが報じた。「信じられないことを発見した。Netflixの新シリーズ『ラブ、デス&ロボット』のエピソードの順序は、Netflixがこちらをゲイかストレートだと思うかによって変えられている」とある視聴者がツイートしたのだ。

 ゲイだという彼の場合、第1話はレズビアンを描いた「ソニーの切り札」が表示されているが、ストレートの友人の家では「わし座領域のかなた」が第1話になっていたという。

[PR]

 これに対しNetflixは、表示順をランダムに変える実験的な方法を取っているとTwitterで返答し、視聴者の性的指向で表示順を変えていることを否定している。「これまで、『ラブ、デス&ロボット』のような番組はなかったため、4つの異なる順序表記という新しい試みをしています。その順序は、性別、人種、性同一性とはまったく関係ありません。そもそも、そのような情報をわたしどもは持っていません」と答えた。

 最初にツイートした視聴者はその後、Netflixに勤める友人からも説明を受け、表示順はランダムだということに納得したとつぶやいている。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]