井浦新「これこそ映画作りの本質」と感激

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
「ここでやれた芝居は僕にとっての宝物みたいなもの」と語った井浦新

 俳優の井浦新が25日、主演映画『嵐電』(公開中)の公開記念舞台あいさつをテアトル新宿で行い、大いに刺激を受けたという撮影を「これこそ映画作りの本質」と振り返った。

【写真】舞台あいさつの様子

 本作は、通称・嵐電(らんでん)として知られる路面電車・京福電気鉄道嵐山線を舞台にしたラブストーリー。鎌倉から京都にやってきたノンフィクション作家とその妻、東京から撮影で来た若手俳優と彼に京都弁を教えることになったカフェ店員、修学旅行中の女子学生と地元の少年という3組の男女の恋のエピソードが描かれる。

[PR]

 メガホンを取った鈴木卓爾監督が准教授を務める京都造形芸術大学映画学科の学生とプロとの協働プロジェクトとして制作されたこともあり、キャストには学生も参加した。

 そのような環境で演技をした井浦は「ワンシーンワンシーン撮影をしていくときに、監督が、ご自身が書いた台本ではあるけど、『このシーンがわからないからみんなでやってみましょうよ』って言っておられたのが本当に印象的でした」と回顧。「『僕もわからない。だからみんなでやってみよう』って。その言葉に突き動かされて演技をしていた気がします。これこそ映画作りの本質」と鈴木監督の姿勢を絶賛。

 「この座組でやれたのは素敵な時間でした。ここでやれた芝居は僕にとっての宝物みたいなものになりました」と続けると、鈴木監督もにっこり。「わたしの映画を撮るモチベーションは俳優さんの芝居を見たいという気持ちから来るんです。一瞬だけのものにカメラが立ち会うと映画になる、そう思って映画を作っています」とこだわりを明かした。

 舞台あいさつには井浦と鈴木監督のほか、大西礼芳安部聡子金井浩人窪瀬環石田健太村井崇記藤井愛稀岡島由依も登壇した。(取材・文:名鹿祥史)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]