「ストレンジャー・シングス」シーズン3は女子パワー満載!イレブン&マックス女優を直撃

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
前作から打って変わってティーンエイジャーらしい表情のイレブンにも注目!

世界中で熱狂的なファンを生み続けているNetflixの人気ドラマ「ストレンジャー・シングス」シーズン3配信を前に、メインヒロインの超能力少女イレブンを演じるミリー・ボビー・ブラウンと、シーズン2からメンバーに加わったマックス役のセイディー・シンクが、今回の重要な舞台となるショッピングモールのセットで取材に応じ、新シーズンについて語った。

【動画】ストレンジャー・シングス 未知の世界」シーズン3予告編

 米インディアナ州の小さな田舎町ホーキンスを舞台に、謎の超常現象に巻き込まれる住人たちの人間ドラマを描く本作。イレブンとマックスは、マイク、ウィル、ダスティン、ルーカスら4人のオタク少年たちと共に、政府が関わる陰謀に深くかかわっていく。

[PR]

 前シリーズでカリフォルニア州からホーキンスに転校してきたマックスは、ひょんなことから少年たちと関わりを持ち、大騒動に巻き込まれることに。イレブンとの初対面は、彼女が恋するマイクと、マックスの仲を勘違いしたことから、険悪なムードが漂っていた。

 そんな劇中の雰囲気をよそに「初めて共演した日は、笑いまくっていたわよね」とシーズン2を振り返るミリー。実際のところミリーは、マックスに対するイレブンの態度に「何て意地悪なの?」と怒っていたほどだったという。「イレブンが好きなファンも、あのときばかりは彼女を憎んだはず。『どうして仲良くなれないの?』って。でも今シーズンで2人は、その分の仲直りをすることになるわ。ファンの声にも応えられると思う」(ミリー)

 実生活でも2人は大の仲良し。「セイディーは私の親友だから、もし(このシリーズが)終わったら、20代で一緒にニューヨークで暮らすわ。あ、南フランスだ!」(ミリー)、「そう、2人で一緒に暮らそうって話をしているの。世界中を一緒に旅するのよね」(セイディー)と言う程で、シーズン3では、そんな関係を反映したようなミリーとマックスの友情が描かれる。

イレブンとマックスの友情も本作のキーニなりそう

 「イレブンはマックスにいろいろなこと……特に強くなることの大切さを教えるの。逆にマックスからは、自信を持つことの大切さを教えてもらう。マックスは、本当に自信にあふれた子だから、お互いに教え合って成長していくのよ。私生活でも、私たちは新しいことを教え合っている。ティーンエイジャーってそうやって一緒に成長していくものでしょう?」

[PR]

 それこそが、シーズン3の魅力だと力説するセイディーが「前シーズンまでは超自然現象的な出来事に集中していたけど、今シーズンは、もっと『ティーンエイジャーであること』について深く掘り下げてる。夏だからこその淡い恋があったりね」と語ると、ミリーは「そう、そしてそこに巨大なモンスターが来て」と笑みを浮かべる。「もちろん(笑)、超自然世界の脅威も欠かせない。でも、そこにリアルさが加わることで、よりいいものになっているの」(セイディー)

 それだけにイレブンも、シーズン1,2のころと比べて、はるかに豊かな表情を見せる。「イレブン役が決まったときに『E.T.』(1982)を観て、本当に“エイリアン”を演じようって決めたの。エイリアンそのものをね。だから、インスピレーションを探しながらE.T.の動きを観察した。イレブンは、実際に話せないわけではないけど、心に不安を抱えていた。もし何かを話したら自分が傷つくし、何か悪いことが起きて悪い人が来るって信じているから。でも、今シーズンでイレブンは自分の考えを話すことを学んでいく。ただ“話す”だけではなくて、意見をちゃんと言えるようになるのよ。それもイレブンがマックスから学ぶことのひとつね」

[PR]

 今シーズンは、そんな女子たちと男子の違いもポイントになってくるとのこと。セイディーが「Girls Rule, Boys Droll(女子が男子を翻弄する)よ」と言えば、ミリーも「その言い回し、いいわね。エピソード名にするべきだわ」と同意。「なにはともあれ、今シーズンは女子パワー満載で、ガールズ最高! という展開なのでお楽しみに!」と期待をあおった。(編集部・入倉功一)

Netflix「ストレンジャー・シングス 未知の世界」シーズン1~2独占配信中 シーズン3 7月4日(木)全世界独占配信開始

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]