アキラ100%、俳優として大爆発!井浦新も舌を巻く演技力

兄弟役の大橋彰(アキラ100%)と井浦新
兄弟役の大橋彰(アキラ100%)と井浦新

 俳優の井浦新が6日、都内で行われた映画『こはく』初日舞台あいさつに大橋彰アキラ100%)と登壇し、元々は映画俳優を目指していたという大橋の役者ぶりに舌を巻いた。この日は、根岸憲一(撮影)、横尾初喜監督、Laika Came Back車谷浩司(主題歌)も来場した。

【画像】井浦新、アキラ100%の後ろからヒョッコリ!

 衝撃のクライマックスが待ち受ける本作は、幼い頃に突然姿を消した父を求め、長崎の街を必死に探し歩く兄弟が、その過程で家族を知り、愛を知っていく姿を描いた、横尾監督の半自伝的物語。

[PR]

 兄弟役の井浦と大橋は同い年。井浦は「同い年って妙な信頼感がある」と話すと、「僕は長男。弟や妹はいいなぁと思っていたので、役を通して、弟だからこその甘え方とか、兄貴へのつっかかり方とか、やりたかったことを彰さんにぶつけさせてもらいました。それができる関係性が自然に作れたと思います。ね、兄ちゃん」と大橋に笑顔を向けた。

 大橋は「台本をもらってセリフを覚えていた時よりも、現場で皆さんといろんな話をしていく中で、ちょっとずつ役が肉付けされていった感じがあります」と回顧。また、「監督と新さんの人柄で現場がものすごくいい雰囲気で、僕は自分のことだけを考えて集中させてもらいました」と感謝を示した。

 そんな大橋と自身の役へのアプローチの違いを「自分の世界にぎゅうっと入ってバーンと表現される彰さんの芝居のやり方がこの役には活きると思ったし、僕はどちらかというと監督の色に染まりたいタイプ」と説明する井浦。それがよく表れているのが長回しで撮影したラストシーン。大橋は横尾監督から「最後のシーンは大事にしたい」と伝えられていたこともあり、不安を覚えながらも毎日イメージトレーニングをして臨んだそうで、「当日は、パンパンのバケツの水をこぼさないように、ゆっくり現場に持って行った感じ。あまりしゃべるとその水がなくなるようだったので、誰ともしゃべらないようにやりました」と打ち明けた。

[PR]

 横尾監督も「すごく集中されていたので、普段は段取りやって、テスト、本番ですが、一回で行きましょうということでした」と報告。井浦も「撮影の数時間前からサナギみたいになって、全く僕らの前には出て来なくなって、車に閉じこもって、たまに外に出て深呼吸をしていた」と明かし、「針を刺すとパーンといくくらい張りつめて、目や表情が変わっていた」とも。しかし、だからこそ「兄ちゃん、とんでもないとこまで行くなと確信を持っていました」と大きな期待をかけていたと語った。

 映画出演2本目にして大役を務め上げた大橋は、「こんなにいい役で映画に出させていただくことは(人生で)あるかないかのことなので、運がよかったと思います」と笑顔。井浦は「(今後も芝居を)観たい」と望むと、上映前の観客に向けて、「裸の方しかイメージがないかもしれませんが、すごいですから味わってください」と呼び掛けた。(取材:錦怜那)

映画『こはく』はユーロスペース、シネマート新宿ほか全国順次公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]