「『刀剣乱舞』~葵咲本紀~」出演者が意気込み語る

ズラリ!
ズラリ!

 3日、ミュージカル「『刀剣乱舞』~葵咲本紀~」の関係者・メディア向けの公開ゲネプロが東京の・天王洲 銀河劇場にて行われ、その前に実施された初日会見にキャスト陣が出席。「長い期間をかけて準備をしてきた」と口をそろえていた出演者たちが本ミュージカルにかける思いを語った。

【写真】かっこいいが止まらない…「『刀剣乱舞』~葵咲本紀~」ゲネプロの様子

 名だたる刀剣が戦士の姿となった“刀剣男士”を収集・育成する人気ゲームが原案となっているミュージカル「刀剣乱舞」。“刀ミュ”シリーズ6作品目となる「葵咲本紀」には、新たな刀剣男子として明石国行(あかしくにゆき)、鶴丸国永(つるまるくになが)、御手杵(おてぎね)、篭手切江(こてぎりごう)の4振りが加わっている。

[PR]

 最初にマイクを手にした明石役の仲田博喜は「明石国行くんはやる気がないキャラクターなんですけど、やる気なしだと取材にならないのでやる気満々でいかせていただきます! 今笑うとこです!」と報道陣の笑いを誘い、「けっこう稽古期間が長くて、すごくたくさんの方の期待を背負っていると思っています」とコメント。「最高の状態で届ける準備ができたと思っています。一丸となって最後まで戦い抜きたいです」と続けた。

 千子村正(せんごむらまさ)役の太田基裕は「今回は新作公演ということで、また新たな千子村正としての一面に出会えると思うと僕自身も楽しみでしかたないです」とし、「お客さまにとって心に残る素敵な作品になるように頑張ります」と語った。

 「僕自身が『刀剣乱舞』ファンなので新しく男子が出てくるのが嬉しい」と笑顔の蜻蛉切(とんぼきり)役のspiは「稽古場でみんなの稽古を見てワクワクして。毎日みんなをご飯に連れてったりしちゃってます。ワクワクがあふれています。みなさまの前に4人が出て行くのが楽しみです」。

刀剣乱舞
大迫力!

 鶴丸国永役の岡宮来夢は「稽古期間、僕にとって初めてのことが多くて自分にとっても挑戦になる舞台だと思っています。不安だったりプレッシャーだったりを感じながら、それも楽しみながら頑張っていきたいです」と心境を吐露。

[PR]

 御手杵役の田中涼星は「4振りが初出陣ということで稽古場でspiさんと太田さんからアドバイスなどを受けて。新しい4振りもお互いを鼓舞し合いながら稽古にのぞめました」と紹介。「お客さまに届けるのが楽しみであり、ドキドキしています。最後まで精一杯駆け抜けられるように頑張りたいと思います」と意気込んだ。

 篭手切江役の田村升吾は「長い期間準備をしてきたのでやっと幕があがるのかと思うと素直に嬉しいです」とこの日を迎えることを待ちわびていたという様子。「篭手切江が初めて登場するシーンは、今までのミュージカル『刀剣乱舞』にない新たな挑戦だと思うので注目していただけたら嬉しいです」とメッセージを送っていた。

 ミュージカル「『刀剣乱舞』~葵咲本紀~」は8月3日~8月18日に東京・天王洲 銀河劇場、8月30日~9月8日に大阪・サンケイホールブリーゼ、9月14日~9月28日に兵庫・AiiA 2.5 Theater Kobe、10月4日~10月6日に福岡・アルモニーサンク北九州ソレイユホール、10月19日~10月27日に TOKYO DOME CITY HALL で公演を行う。(編集部・海江田宗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]