「なつぞら」成長した明美に驚き!鳴海唯の登場に反響

「なつぞら」明美役の鳴海唯 - 提供:NHK
「なつぞら」明美役の鳴海唯 - 提供:NHK

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」の第19週(8月5日~)より、大人になった柴田家の次女・明美役で鳴海唯(なるみゆい)が登場し、反響を呼んでいる。

「なつぞら」柴田家集合ショット【写真】

 広瀬すずふんするヒロイン・奥原なつが育ったのは、北海道・十勝で牧場を営む柴田家。その次女である明美は、戦災孤児のなつが柴田家に引き取られた幼いころから登場しており、なつを本当の姉のように慕っている。

[PR]

 明美役は子供時代の吉田萌果から平尾菜々花、そして鳴海へと引き継がれてきた。なつが坂場一久(中川大志)とともに結婚報告のため柴田家を訪れたシーンで、鳴海演じる明美が現れると、SNS上には「成長してる」「もう大学生かぁ」「大きくなって!」と視聴者から驚きの声が続々とあがった。

 「めちゃくちゃ可愛い」と注目を浴びる鳴海は、1998年生まれの21歳。兵庫県出身。これまでに、森永乳業・ピノストロベリームーン味のウェブCMや銀座カラーのテレビCMに出演しているほか、ミュージックビデオへ出演したり、雑誌の表紙を飾ったこともある。女優としてのキャリアはまだ浅いが、朝ドラへの出演がブレイクの足がかりとなるかもしれない。

 「なつぞら」出演について、鳴海は自身のInstagramで「今回、このような記念すべき素晴らしい作品に、柴田家の家族の一員として参加させていただけること、言葉にできないぐらい、本当に、本当に嬉しいです」と明かし、「精一杯、心を込めて演じさせていただきます」と真摯な思いをつづっていた。

 これにファンからは「おめでとう」「がんばって」「活躍に期待してます」とエールが続々と寄せられている。(編集部・小山美咲)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]