『マトリックス』第4弾、正式発表!キアヌ・リーヴスが再びネオに!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ネオ(左)&トリニティ(右)がカムバック! - 写真は映画『マトリックス リローデッド』より - Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 米ワーナー・ブラザース・ピクチャーズが現地時間20日、人気SF映画『マトリックス』シリーズ第4弾の製作を正式発表した。第4弾には、シリーズ3作品で主人公ネオを演じたキアヌ・リーヴスと、ヒロイン・トリニティ役のキャリー=アン・モスも出演。シリーズを手がけたラナ・ウォシャウスキーが監督・脚本・製作総指揮を担当する。

【画像】空も飛べた!キアヌふんする主人公ネオ

 『マトリックス』(1999)は、自分の生きる世界が機械の見せる仮想現実だと知った天才ハッカー・ネオ(キアヌ)が、人類の救世主として戦いに身を投じるSFアクション。革新的な映像やカンフーアクションなどが話題となり、『マトリックス リローデッド』(2003)、『マトリックス レボリューションズ』(2003)と続編が製作されている。
 
 米ワーナー・ブラザース・ピクチャーズのトビー・エメリッヒ会長は、各メディアに宛てた声明で「ラナ(・ウォシャウスキー監督)と再び『マトリックス』の世界に入れることに、とても興奮しております」とコメント。再びシリーズを指揮するウォシャウスキー監督について「ラナは、明確なビジョンを持った並外れたクリエイターです。彼女が『マトリックス』ユニバースの新たなチャプターとなる作品の脚本を執筆、監督、プロデュースすることにとても興奮しています」と期待を寄せている。

[PR]

 またウォシャウスキー監督も、声明の中で「私と妹リリーが20年前に模索したアイデアの多くは、より現代社会に近いものとなっています。おなじみのキャラクターを呼び戻せること、素晴らしき友人と再び仕事ができることに感謝しています」と心境を明かしている。

 米ワーナー・ブラザース・ピクチャーズとヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズが製作を担当する第4弾の全米公開日は現時点で不明。なお、Varietyは同作の撮影が2020年初頭にスタートする可能性があると報じている。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]