横浜流星、失くしたものを告白!昔の自分に向き合い「前に進みたい」

大人気!横浜流星
大人気!横浜流星

 俳優の横浜流星が6日、都内で行われた映画『いなくなれ、群青』初日舞台あいさつに出席し、作品にちなんで「失くしてしまったもの」を告白すると、昔の自分に向き合って「さらに前に進みたい」と未来を見据えた。舞台あいさつには、飯豊まりえ矢作穂香松岡広大松本妃代中村里帆柳明菜監督も出席した。

ピンク電話を手にとる横浜流星【写真】

 シリーズ累計100万部を突破した河野裕の同名小説を実写映画化した本作。「不幸じゃなければ、幸福だと言い張ることだってできる」と考える悲観的な青年・七草(横浜)と、「真っすぐで、正しく、凛々しい」七草の幼なじみ・真辺由宇(飯豊)が、捨てられた人たちがやってくる島・階段島に隠された謎を解き明かそうとする姿を描く。

[PR]

 物語の舞台である階段島は、自身が「失くしたもの」を見つけなければ脱出することができない。そんな作品にちなみ「失くしてしまったもの」を告白するコーナーが展開されると、横浜は劇中の重要なシーンで登場するピンク電話の受話器をとり、「イキがっていた自分」と回答する。

 その理由を問われると、「皆さんは想像つかないかもしれませんが、中学、高校とちょっとヤンチャをしてしまって、格好つけてイキがっていたんです」と告白。その後、俳優の仕事をはじめ、角が取れ、現在の横浜になったというが「でも今振り返ると、あのときの自分は輝いていたと思うし、イキがっていた自分がいたからこそ、今があると思う」としみじみ。「そんな自分を受け入れて、さらに前に進みたい」と今後のさらなる活躍を誓っていた。

 撮影前から、監督やプロデューサーと共に話し合いを重ね、しっかりと準備をして作品に臨んだという横浜。そんな思い入れある作品が、満員の観客のなか、いよいよ初日を迎えたことに「こんなにもたくさんの方に観に来ていただけて幸せです」と感無量な表情を見せると「先ほど、イキがっていた自分を受け入れると言いましたが、この作品は、登場人物が自分の嫌いな部分を肯定し、前に進む物語でもあります」と作品に込められたメッセージを伝えていた。(磯部正和)

映画『いなくなれ、群青』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]