ADVERTISEMENT

ロウ・イエ監督、コン・リー&オダギリジョーらとの「素晴らしい」コラボ

第76回ベネチア国際映画祭

映画『サタデー・フィクション』のロウ・イエ監督
映画『サタデー・フィクション』のロウ・イエ監督 - Vittorio Zunino Celotto / Getty Images

 第76回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品されている映画『サタデー・フィクション』(2020年公開)の監督であるロウ・イエが映画祭期間中に現地で取材に応じ、主演を務めた中国のコン・リー、日本のオダギリジョー、ドイツのトム・ヴラシア、フランスのパスカル・グレゴリー、台湾のマーク・チャオといった国際的なキャストが集結した同作について語った。

【写真】オダギリジョーも参加!『サタデー・フィクション 』

 『スプリング・フィーバー』などのロウ監督の新作は、太平洋戦争が勃発する直前、各国の諜報員たちが暗躍する魔都・上海を舞台にした愛と謀略の物語。諜報員という裏の顔を持つ女優の主人公を軸にし、様々な思惑が交錯する。日本からはオダギリ、中島歩らも参加した本作のストーリーについてロウ監督は、スパイ映画ではなく「人生の中でずっと違う人を演じているが、本当は自分自身でありたいと思っている女性の話です。他者との関係を変えようとする彼女は、その過程の中で自分自身を失ってしまう」と説明した。

ADVERTISEMENT

 中国を代表する女優であるコンについて「素晴らしい女優で、自分の役をつくりあげるために何をするべきかを明確に理解しています。また、様々な監督と仕事をした経験があり、監督が何を求めているかもわかっています」と評価したロウ監督は、ほかのキャストの労もねぎらい、感謝した。

 「国際的なキャストたちと一緒に仕事ができたことを誇りに思っています。とても素晴らしいコラボレーションでした。いくつかのシーンで俳優側から区切りながら撮ってほしいと言われることもありましたが『ここはカメラを止めずに一連でやりたい』というこちらの要望に見事に応えてくれました」

サタデー・フィクション
ベネチアでの映画『サタデー・フィクション』のメンバー - Theo Wargo / Getty Images

 今作で描かれる激しいアクションは、アクション以外のシーンと地続きになっており、特別な緊張感をまとっている。「この映画はアクション映画ではなく、『つくられたアクション』が出てこないようアクション監督と議論を重ねました。そのため、どのアクションもそれぞれの俳優自身にやってもらうことを求めました」とロウ監督。「アクションシーンも1ショットで一気に撮影したので俳優陣にはかなりの準備が必要だったと思います」と語った。

 ベネチアで披露されるまで俳優たちも映画を観る機会がなかったそう。その披露の翌日に実施されたこのインタビューで「出演者の方々がみんなとても映画を気に入ってくれたようで嬉しかったです」と笑顔を見せつつ、「観客の反応もよかったのですが映画祭の観客は基本的に温かいのでリアルなフィードバックは得られないと思っています」と話すロウ監督であった。(編集部・海江田宗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT