玉城ティナ、誕生日サプライズに驚き!22歳に向け「いい女優に」

大賞を受賞した伊藤佑里香さん、玉城ティナ、坂東龍汰
大賞を受賞した伊藤佑里香さん、玉城ティナ、坂東龍汰

 玉城ティナが4日、お台場のフジテレビ本社で行われた第6回「ドラマ甲子園」大賞受賞作品「受験ゾンビ」の完成披露試写会に来場。8日に迎える誕生日をサプライズで祝福され、驚きの表情をみせた。主演を務める玉城のほか、坂東龍汰堀田真由、そして大賞を受賞し、監督・脚本を担当した伊藤佑里香さんも登壇した。

玉城ティナ&堀田真由、制服姿で登場!完成披露の様子【写真】

 高校生を対象にした脚本・演出家発掘プロジェクト「ドラマ甲子園」では、全国の高校生からドラマの脚本を募集し、大賞作品は執筆者本人の演出で、プロのスタッフのサポート、プロの俳優たちの出演によりテレビドラマ化が行われる。6回目となる今回は、愛知県在住の高校3年生である伊藤さんの「受験ゾンビ」が大賞に選ばれた。山奥にある高校を舞台に、受験を控えた3年生がゾンビ化していき、彼らの受験に対する悩み、苦しみなど、さまざまな感情が描かれる。

[PR]

 この日は、8日が玉城の22歳の誕生日ということで、サプライズで誕生日を祝福する一幕が。ケーキを目の前にした玉城は「ビックリしました。そういえば誕生日ですね。ありがとうございます」と驚いた様子。「みなさんにお祝いしていただいて、すごく嬉しいです。これからもいろいろ経験を重ねて、いい女優になれれば」と意気込んでみせた。

 その玉城は、高校生監督の作品に参加したことについて「撮影現場で困ったということもなく、スムーズに進んだなという印象があります」と振り返る。さらに「日を重ねていくごとに監督の意志も伝わってきましたし、テイクがOKなのかNGなのか、どう直せばいいのか、対話を重ねながら進めることができました。もちろん最終的に決めるのは監督だ、というリスペクトの気持ちを持ちながら、自分がしたいことを共有できた現場だったなと思います」と続けた。

玉城ティナ
大きなケーキ!伊藤佑里香さんと、花束を持つ玉城ティナ

 受賞を果たし、監督を務めた伊藤さんは完成した作品について「自分で言うのもなんですが、すごく面白い作品だなと感動しました」と語る。続けて「自分がやりたいことは全部やらせてほしいなと思っていました。今まで趣味で自主映画を作ってきたんですが、今回、大賞に選んでいただいて、人やお金の問題などでできなかった暴力描写やゾンビ描写など、やりたいことをやらせてもらいました」と満足げな表情を浮かべた。(取材・文:壬生智裕)

第6回「ドラマ甲子園」大賞作品「受験ゾンビ」はフジテレビTWO ドラマ・アニメ(CS)にて10月20日よる11時~放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]