高良健吾、過激な役に向き合う理由は…

様々な役に挑戦し続ける高良健吾
様々な役に挑戦し続ける高良健吾

 俳優の高良健吾安里麻里監督が8日、都内で行われた映画『アンダー・ユア・ベッド』Blu-ray&DVD発売記念トークイベントに出席し、過激な役に向き合う理由や、こだわりの撮影方法などを語りつくした。

【動画】『アンダー・ユア・ベッド』の安里麻里監督に生インタビュー!

 エッジの立った作品を開発・発信する「ハイテンション・ムービー・プロジェクト」第2弾の本作は大石圭の同名小説がもととなり、盲目の愛なのか、それとも暴走した狂気なのかを高良主演で描いた衝撃作。

[PR]

 学生時代に唯一名前を呼んでくれた女性・千尋(西川可奈子)を想い続け、彼女のベッド下に潜り込んで生活を覗き見るなど、常軌を逸した行動に走る三井直人を演じた高良は、「自分の芝居に対して抑えている感情があって、それが爆発しそうになったので、すぐに出ようと思いました」とオファー時を回顧。最初は「この役を僕に? とちょっとショックだった」と苦笑いしながらも、世間からはじかれてしまう“はみ出し者”に対して「差別(感情)がない」ため、「だからこそ自分ならできるかな……という気持ちがあった」とも語った。

 安里監督は、高良が役を受ける理由として、「最後のシーンで僕がどういう表情をするのか興味があります」と言ったことが印象的だったようで、「ほかの俳優だったら『(三井は)どういう気持ちですかね?』とほぼ聞くと思う」と他とは違う感性の高良に「会うなり凄い人だと思ってワクワクした」と笑みをこぼした。

アンダー・ユア・ベッ
再タッグに期待! 高良と安里麻里監督

 高良からはじまるモノローグ部分は、安里監督の師匠でもある黒沢清監督が称賛を送るほどで、安里監督は「増村保造(監督)が大好きで、高良さんに『わたしがやろうとするモノローグは(増村監督のような)説明をするためよりも映画の世界観や空気を作るためのもの。いわゆる音楽みたいなものです』と話をした」と説明。中盤に千尋のモノローグが入ることで、「物語の見え方が180度変わる。それがやりたかった」と思い通りの出来に大満足だ。

[PR]

 しかし、高良は当初、「モノローグが多い。切っていきたい」と安里監督に提案し、「これはいる」「いや、いらないですよ」などというやり取りをしていたのだとか。だが、完成作を見た高良は「あっ、はい。そういう意味か……」と納得したことを告白。また、高良が「音が特殊」と指摘すると、安里監督はモノローグの声は観客の至近距離で聞こえるように工夫してあることを明かし、「観ている人が(自然に)三井に呼吸を合わせるから緊張する」と効果を紹介。高良は「そんなこともできるんだ」と安里監督の手腕に感心していた。

 そんな互いに敬意を示す二人は、「これは大きな前振りだから、もっと人の心を動かす映画を作りたい」と再タッグに期待を寄せていた。(取材:錦怜那)

映画『アンダー・ユア・ベッド』Blu-ray 4,800円(税抜)/DVD 3,900円(税抜)は発売中

『アンダー・ユア・ベッド』の安里麻里監督に生インタビュー! » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]