『HOKUSAI』初日決定!特報に阿部寛・玉木宏・永山瑛太

映画『HOKUSAI』より、柳楽優弥演じる青年期の北斎
映画『HOKUSAI』より、柳楽優弥演じる青年期の北斎 - (C)2020 HOKUSAI MOVIE

 柳楽優弥田中泯のダブル主演映画『HOKUSAI』の初日が5月29日に決定し、メインキャストが集結した特報、場面写真が公開された。特報では柳楽と田中が演じる青年期、老年期の葛飾北斎をはじめ、北斎の人生のキーマンとなる蔦屋重三郎(阿部寛)、喜多川歌麿(玉木宏)、柳亭種彦(永山瑛太)らの姿が見られる。

【動画】豪華キャストずらり『HOKUSAI』特報

 幕府に風俗が厳しく取り締まられていた江戸時代後期を舞台に、北斎と彼に影響を与えた人物たちとのエピソードを軸に、北斎が描いた「三つの波」の秘密に迫る本作。特報は、北斎の代表作「冨嶽三十六景」の一図「神奈川沖浪裏」のアニメーションからスタート。続いて「北極星にちなんでつけたんだ。たった一つ決して動かねえ星だ」と自らの名前の由来を版元(プロデューサー)の重三郎(阿部)に語る青年期の北斎(柳楽)、「勝負してえんだ、世の中とよ」と老いてもなおさらなる高みを目指す老年期の北斎(田中)、2つの時代の北斎が映し出される。

HOKUSAI
老年期の北斎(田中泯)と、柳亭種彦(永山瑛太)

 そのほか、筆を見つめながら涙を流す北斎(柳楽)、血しぶきが散った障子、刀を手にした武士たち、雨が降り注ぐなか手が青に染まった北斎(田中)など。若き北斎と対峙し、後にその才能を見出す重三郎、若き北斎を焚きつける美人画の大家・歌麿、老年期の北斎に深くかかわる戯作者の種彦、北斎に影響をもたらす3人の映像も初公開となった。(編集部・石井百合子)

[PR]

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]