「週刊少年ジャンプ」21号が新型コロナ影響で発売延期

※画像はイメージです
※画像はイメージです - iStock / Getty Images

 株式会社集英社と週刊少年ジャンプ編集部は8日、編集部の作業が一時中断していることから、4月20日を予定していた「週刊少年ジャンプ」21号の発売を紙版・デジタル版共に1週間延期。21・22合併号と号数を変更したうえで、4月27日に発売すると発表した。

「SLAM DUNK」井上雄彦が描き下ろした湘北メンバー

 公式サイトの発表によると、作業の中断は、編集部に勤務する40代社員に新型コロナウイルス感染の疑いが出たことを受けて判断したもの。すでに集英社は、4月6日から全社原則在宅勤務の対応をとっているが、作家・関係者への感染リスクを考慮して、少年ジャンプ編集部全体で作業を一時中断したという。なお、20号は予定通り来週4月13日に発売される。

[PR]

 当該社員は、発熱のあった4月2日から出社を控え、自宅待機をしながらPCR検査の結果を待っているという。同社は「業務においては直接、作家と接触する立場ではありません」としている。

 編集部では、発売を待つ読者に謝罪すると共に「感染拡大が不安な状況の中、作家・関係者の健康と安全を最優先に考慮するとともに、必死に執筆を続ける作家をサポートして、読者の皆様の心を明るくさせられるような漫画を届けていけるよう努力いたしますので、ご理解のほど、よろしくお願いいたします」としている。(西村重人)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]