梶裕貴、実写連ドラ初主演!撮影初日は緊張…挑戦の裏側

梶裕貴
梶裕貴

 WOWOWオリジナルドラマ 「ぴぷる~AIと結婚生活はじめました~」(5月18日スタート)で主演を務めた梶裕貴が、新たな挑戦への思いや撮影現場の様子を明かした。声優として活躍する梶にとって、実写連続ドラマへの主演はこれが初めてであり不安や緊張もあったが、とても有意義な経験になったという。

ドラマ「ぴぷる」劇中の梶裕貴【写真】

 人間とAIが結婚できるようになった近未来を舞台に、人間とAIのあり方を問う物語。原田まりるの原作小説と連動して企画されたWEBドラマ「耳で楽しむ小説『ぴぷる』」から引き続き、梶は主人公・摘木健一(つみき・けんいち)役を務めた。アニメ「進撃の巨人」のエレン・イェーガー、「七つの大罪」のメリオダスなど、声優として主人公を数多く演じてきた梶が、ついに連続ドラマで主演を果たす。

[PR]

声の演技と同じこと、違うこと

 「声の役者として、どんどん深く、そしてもっともっと新しい表現を探っていきたいという思いが強くあります。たとえ望んだとしても、普通はなかなかやらせていただけないような“連続ドラマ主演”という機会は、そういった意味で間違いなく自分にとっての経験値になると思いました。お話をいただいた時は戸惑いもありましたが、とても前向きに『ぜひ、やらせてください』とお返事させていただきました」

 WEBオーディオドラマ時の経験は生かしながらも、実写ドラマとして今回、また一から作品に向き合った。声優との違いについては、「同じ“芝居”なので基本的な構造は同じ」としつつ、「物語とキャラクターを噛み砕き、それぞれのシチュエーションごとに芝居を組み立てていくのは同じだと思いますが、最終的なアウトプットの仕方は違うと思います」と説明する。

 あらかじめ画があるアニメや洋画のアフレコと異なり、実写では「姿形を含めて、自分自身が表現の一つとなり、自分のやったことがそのままキャラクターの答えになっていく。具体的に言うと、目線や、少しの表情変化でも感情を表現することができる。些細な違いに思われるかもしれませんが、それが積み重なっていった時、最終的に“言葉のない芝居”の占める割合はかなり大きくなるんだなと実感しました」と振り返る。

[PR]
梶裕貴
「ぴぷる~AIと結婚生活はじめました~」より - (C) 2020ドラマ「ぴぷる」製作委員会

 梶が演じる主人公・摘木は、アヤカ・ウィルソン演じる人型AI・ぴぷると結婚することになるサラリーマン。オタク気質で、生身の人間とのコミュニケーションが得意ではないアラサー男子だ。役どころについては、「男性って、誰しもこういうところあるよな、と。カッコ悪いところ、情けないところ、恥ずかしいところだらけです(笑)」と切り出す。

 「主人公として、それをいかにコミカルに見せるかが重要でした。ただただ嫌悪感を抱かれてしまうのはもったいないですからね。『大丈夫か、こいつ? でも憎めないな』と思ってもらえるような加減、いつの間にか応援したくなる存在になっていくようなグラデーションは大事にしなきゃいけないと思っていました」

初日は緊張!未知だったドラマの撮影現場

梶裕貴
「ぴぷる~AIと結婚生活はじめました~」より - (C) 2020ドラマ「ぴぷる」製作委員会

 もともと人見知りだという梶。クランクインの日は緊張し、ドラマの撮影現場の雰囲気もわからず、どうしたらいいのだろう? と思いながらのスタートだったという。しかし、良いものを目指すという共通意識の下で、関係が出来上がるのに時間はかからなかった。

 「アニメや吹き替えの場合、全員スタジオにそろった上で、数時間ぶっ通しで作品1本分を収録するので、実はじっくり話す時間はあまりないのです。ところが、実写には待ち時間がそこそこある。そういったタイミングを縫っておひとりおひとりとお話ししていくなかで、次第に人間として、役者としての本質が見えはじめ、少しずつ距離が縮まり、チームワークが出来上がっていきました。声優という存在にすごく興味を持ってくださっていましたし、異質なものとせずに受け入れてくださって、本当にありがたかったですね」

[PR]

 撮影は、物語の舞台となる京都でも行われた。「ある1場面なのですが、長さに関係なく、とても思い出に残る素敵なシーンになりました。みんなで京都を目指して頑張る! みたいなところもあったので、ある意味ご褒美感覚で、すごく楽しかったです(笑)」と一丸となって取り組んだ撮影を笑顔で思い返していた。(編集部・小山美咲)

WOWOWオリジナルドラマ 「ぴぷる~AIと結婚生活はじめました~」は5月18日深夜0時より放送開始(全8話) 初回2話連続放送・第1話のみ無料放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]