山田孝之×重松清×秦基博『ステップ』7.17公開決定!

(C) 2020映画『ステップ』製作委員会

 山田孝之が初のシングルファーザー役に挑んだ映画『ステップ』の新たな公開日が、7月17日に決まった。

涙腺崩壊…『ステップ』予告編【動画】

 本作は当初、4月3日に公開される予定だったが、新型コロナウイルスの感染状況や政府・自治体・関係諸機関の発表や方針を鑑みて公開延期に。緊急事態宣言が解除され、全国的に映画館の営業が再開している中、当初予定していた150館を上回る規模で全国公開される予定だ。

[PR]

 重松清の同名小説を基にした『ステップ』は、若くして妻を亡くし、働きながら子育てをするシングルファーザーの健一(山田)と、一人娘・美紀の保育園から小学校卒業までの10年間を追う物語。オーディションで選ばれた田中里念白鳥玉季中野翠咲が2歳~12歳の美紀を演じ分け、健一や美紀を温かく見守る登場人物として國村隼余貴美子広末涼子伊藤沙莉川栄李奈らが共演。『虹色デイズ』『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』などの飯塚健が監督・脚本を務め、秦基博が映画のために主題歌「在る」を書き下ろした。

 当初の予定から約3か月半の月日を経て、改めて公開が決まったことを受け、飯塚監督は「ぜひ映画館でご覧下さい。こう言えることが、何より嬉しいです。だからもう一度言わせて頂きます。ぜひ映画館で、大切な人とご覧下さい」と熱いコメント。プロデューサーの高尾沙織も「この作品で描かれる、突然の生活の変化の中で、悲しみや不安を抱えながらも歩んでいく家族の物語を、皆さんの大切な人を想い浮かべながら、ご覧頂けたら嬉しいです」とメッセージを送っている。(編集部・小松芙未)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]