「鬼滅の刃」可憐な少女が鬼に…竈門禰豆子に注目!

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』より竈門禰豆子
『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』より竈門禰豆子 - (C) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 吾峠呼世晴の人気コミックを原作としたアニメ「鬼滅の刃」のテレビシリーズから続く物語となる映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が、10月16日に公開される。映画の公開を前に、主人公・竈門炭治郎(かまどたんじろう)の妹であり、鬼となってしまった少女・竈門禰豆子(かまどねずこ)のキャラクターと魅力を振り返りたい。

劇場版「鬼滅の刃」キャラ一覧【画像】

 「鬼滅の刃」は人を喰らう鬼がすむ大正時代の日本を舞台に、主人公の炭治郎が家族を殺した鬼を討つため、そして鬼となった妹の禰豆子を元に戻すために、鬼殺隊の一員として“鬼狩り”の道へと進む姿を描く。

[PR]
鬼滅の刃
(C) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 禰豆子は家族思いの心穏やかな少女で、竈門家では兄・炭治郎と共に幼い弟妹の面倒を見る長女だ。ある日、炭治郎が不在の際に一家が鬼に殺され、禰豆子は傷口に鬼の血が入り込み鬼へと変貌してしまった。帰宅してその惨状を目にした炭治郎は唯一息のあった禰豆子を救おうと尽力し、彼女が鬼になったと気づいた後も変わらず愛情を注ぎ、人間に戻す方法を模索するために動き出した。禰豆子は当初、鬼の本能から炭治郎に襲い掛かったが、彼の思いに呼応するように兄を守る行動をとる。そして炭治郎の師匠となった鱗滝左近次の暗示により人間はみな家族と認識し、護るべき存在ととらえ、鬼でありながら人を喰わず、鬼殺隊の隊士となった炭治郎と一緒に鬼と戦う道を歩んでいくことになった。

鬼滅の刃
(C) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 禰豆子は鬼になってからも見た目は可憐な少女のまま。ピンクの着物を身に着け、人を噛まないように竹の口枷をしている。通常の鬼と同様に日光を嫌うため、昼間は木箱に入り炭治郎に背負われて移動する。また、人を喰わない代わりに睡眠で体力を回復するとされる。炭治郎の簡単な指示は理解する一方、寝転んだり自由気ままに見えることもあり、普段は鬼のイメージとは真逆の可愛らしい部分が目立つ。虚ろな目でぼんやりとしており、言葉は話さないが、「うー」と声を出したり表情で感情を表現することもある。鬼として肉体の強さは手に入れているため、テレビシリーズの物語では、その戦いのポテンシャルがどんどん明らかになってきた。鬼としてのアクションシーンは見応えがあり、禰豆子は守られる存在ではなく、炭治郎と共に戦うたくましさを持っている。

[PR]

 声優を務めているのは「Re:ステージ! ドリームデイズ♪」月坂紗由役、「私に天使が舞い降りた!」姫坂乃愛役などを務め、10月スタートのアニメ「トニカクカワイイ」「安達としまむら」では主演を担う鬼頭明里(きとうあかり)。

鬼滅の刃
(C) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』では、短期間のうちに40人以上もの人が行方不明になり、先に送りこまれた剣士も全員消息を絶ったという無限列車での任務に炭治郎とともに向かう。アニメーション映画としてどのように描かれるか現時点で明かされていない部分が多いが、鬼頭は「『無限列車編』はシリアスな展開が多いんですけど、禰豆子が登場するシーンはほっこりしたり、可愛らしいシーンが多いので、ぜひその禰豆子の可愛らしさに注目してもらえれたら嬉しいです」とコメントしており、禰豆子の愛らしさは健在のよう。

 気合十分で挑んだという劇場版のアフレコについては「アフレコの段階では絵は完成していないにもかかわらず、皆さんの熱のこもったお芝居に涙してしまうくらいだったので、完成した本編は皆さんの期待以上のものをお届けできるのではないかなと思っています!」と振り返り、自信をのぞかせていた。(編集部・小山美咲)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]