「鬼滅の刃」ギャップがすごい!我妻善逸に注目

映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』より我妻善逸
映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』より我妻善逸 - (C) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 吾峠呼世晴の人気コミックを原作としたアニメ「鬼滅の刃」のテレビシリーズから続く物語となる映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が、10月16日に公開される。映画の公開を前に、主人公・竈門炭治郎(かまどたんじろう)と共に戦う仲間の一人、我妻善逸(あがつまぜんいつ)のキャラクターとその魅力を改めて紹介したい。

劇場版「鬼滅の刃」キャラ一覧【画像】

 「鬼滅の刃」は人を喰らう鬼がすむ大正時代の日本を舞台に、主人公の炭治郎が家族を殺した鬼を討つため、そして鬼となった妹の禰豆子(ねずこ)を元に戻すために、鬼殺隊の一員となり“鬼狩り”の道へと進む姿を描く。

[PR]
鬼滅の刃
(C) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 善逸は、炭治郎と同期の鬼殺隊士。「じいちゃん」と呼ぶ師匠のもとで、厳しい修行に逃げ回りながらも鍛錬を重ね、鬼殺の剣士として育てられた。炭治郎とは鬼殺隊になるための試験である最終選別の場で出会い、やがて仲間として共に苦難を乗り越えていくことになった。善逸は鬼を非常に怖がる小心者で、おびえて恥も外聞もなく泣きわめくのが常。そして、極度の恐怖に陥ると眠りに落ち、別人のように頭の切れる性格へと変わり、本来の能力を発揮して鬼と戦うことができるという驚異の性質を持っている。

鬼滅の刃
(C) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 雷に打たれたことが原因で地毛の黒髪から変化したという黄色の髪が特徴。耳が良く、人や鬼などの”音”を聞き分けることができ、炭治郎からは「泣きたくなるような優しい音がする」と表現していた。女の子への執着心をあらわにし、特に禰豆子に対しては愛情をもって接するなど、コミックリリーフの役割を担うことも多い。自分に自信が持てず自嘲的な発言が多いものの、とても心根が優しく、助けを求めて嘆きながら人を見捨てることはない。また、炭治郎と再会した当初、彼の背負う箱の中身が鬼だと気づいていながら、炭治郎にとっての「命よりも大事なもの」と聞いていたことで、文字通り命がけで守ったのは名場面のひとつだ。

[PR]

 声優は「うたの☆プリンスさまっ♪」来栖翔役や「進撃の巨人」コニー・スプリンガー役で知られる下野紘。下野によると『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』には、原作にはない善逸のセリフもあるという。さらに、テレビシリーズ収録前に善逸役のオーディションの際に読んだセリフが台本にあり、「テレビシリーズのときには、そのセリフがなかったので、ずっともやもやしていたんですよね。そのもやもやが解消された劇場版でした。すごく熱を込めることができた収録で、感無量でした」とも明かしている。

鬼滅の刃
(C) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が描くのは、炭治郎や善逸が新たな任務の舞台となる“無限列車”に乗り込むシーンで終了したテレビアニメ最終話からつながるストーリー。鬼殺隊最強の剣士“柱”のひとりである炎柱・煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)と合流し、闇を進む無限列車の中で鬼との戦いが始まる。(編集部・小山美咲)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]