「鬼滅の刃」声優・鬼頭明里が語る“禰豆子がくれたもの”

禰豆子役の声優・鬼頭明里
禰豆子役の声優・鬼頭明里

 幅広い世代から注目を浴びるアニメ「鬼滅の刃」で、主人公・炭治郎の妹であり、鬼に変貌しながらも人間を守るために戦うヒロイン・禰豆子(ねずこ)が大人気を博している。演じる声優の鬼頭明里は「テレビアニメのアフレコが始まる前日は、プレッシャーで眠れないほどでした」と告白。「禰豆子が、声優としての新しい扉を開けてくれた」という鬼頭が、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の公開を前に“禰豆子がくれたもの”について明かした。

劇場版「鬼滅の刃」キャラ一覧【画像】

『無限列車編』アフレコで涙!

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編
『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』より - (C) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 原作は、家族を鬼に殺された少年・炭治郎が、鬼に変貌した妹を人間に戻すために“鬼狩り”の道を進む姿を描く吾峠呼世晴の大ヒット漫画。『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は、2019年4月よりスタートしたテレビアニメから続く物語となり、蝶屋敷での修業を終えた炭治郎たちが、次なる任務地<無限列車>で繰り広げる鬼との死闘をつづる。

[PR]

 息もつかせぬ壮絶なバトルもさることながら、熱い人間ドラマも見どころとなる。鬼頭は「原作を読んだときから、『無限列車編』は大好きでした。映画館で観られると思うと、すごくうれしかったです」と感激し、「アフレコでは、まだ絵も完成していない状態にもかかわらず、感動してしまって。泣いてしまったんです。ものすごいものができると確信しました」と力強く語る。

 テレビアニメの第1話で鬼に襲われ、自身も鬼になってしまう禰豆子。人間を襲わないようにと竹筒をくわえており、セリフの多くを唸り声で表現しなければいけない難役だ。鬼頭は「セリフがあまりない役なので、どうやって頑張ったらいいんだろうと悩みました」と苦笑い。「試行錯誤しながら、鬼になってからの唸り声を練習していった」という。

禰豆子は難役「新しい挑戦がたくさんできた」

 禰豆子役を務めるプレッシャーは大きなものだった。「声優としていろいろな作品に出させていただけるようになって、アフレコにも慣れてきたかなという時期でした。でも禰豆子はこれまでやってきたものとあまりにも違う役なので、家で練習していても『こうかな?』『これでいいのかな』と悩むことが多く……。1話のアフレコの前には、朝まで練習していました。寝不足で現場に行ったので、炭治郎役の花江夏樹さんから『クマがすごいよ』と言われてしまったくらいです(笑)」とひたむきに役柄に向き合った。

 役づくりに励むなかで、最も大事にしているのは「禰豆子のキャラクター性に向き合って、周りの雰囲気に引っ張られないこと」。「本当に難しい役で、新しい挑戦がたくさんできた役です」と語る。

[PR]

 「台本には、“ここには絶対に禰豆子の声が必要”というところにしか、セリフが書いていないんです。でも『ここは禰豆子がなにか言っていそうだな』と思えば、声を入れるようにしています。また禰豆子は竹筒をくわえているので、『口にかせがあるという想定だけれど、観ている方にとってはどれくらいの塩梅でやれば聞きやすいのか』なども悩んだ点です。禰豆子の気持ちを読み取って、それを唸り声でどう表現したらいいのかなど考えることも多く、新しい挑戦がたくさんできました」

大好きな禰豆子の人気に喜び!

 「禰豆子が大好き」と愛情をあふれさせる。「みんなが話している後ろでゴロゴロしていたり、少ししか出ていないシーンでもすごく存在感があったり。なにより、マスコット的なかわいさがありますよね。女の子でヒロイン的な立ち位置ではありますが、守られてばかりではなく、“自分でも戦う”という禰豆子の持っている強さも大好きです」とニッコリ。SNSなどでたくさんの人が禰豆子のコスプレを披露していることからも、人気の高さがうかがえる。鬼頭は「みなさん、竹筒ってどうしているんでしょうね?」と興味津々で、「ものすごくうれしいです! それだけ愛されるキャラクターなんだなと実感しています」と喜びをにじませる。

 プレッシャーと戦いながら大役を務めたことは、キャリアにおいてどのような経験になっただろうか。「お芝居の面でも、禰豆子が新しい扉を開いてくれました。これからもっといろいろな演技ができるのかなと自信をくれたように思います」としみじみ。また熱気あふれるアフレコ現場からも、たくさんの力をもらったと続ける。

[PR]

 「みなさんいつも全力。叫ぶシーンなども『この人がこれだけ出しているなら、自分も!』という気迫が感じられ、切磋琢磨している現場です。他の現場に行っても、『鬼滅の刃』で『先輩方がこれだけ力を出していたな』と思い出して、『私も全力を出そう!』と思うことがよくあるんです。ものすごく力をもらっています」。

 とりわけ兄・炭治郎役の花江は、鬼頭にとって心強い存在だ。「鬼役もみなさん、ベテランの方ばかり。ものすごく緊張して『どこに座ったらいいのかな……』と居場所に迷っていたら、花江さんが『隣に座りなよ』と言ってくださって。いつも『最近どう?』と気にかけてくださり、本当のお兄ちゃんのようです」と感謝しきり。「花江さんの演じる炭治郎からは、どんなシーンからも優しさがにじみ出てくる。お芝居の面でもとても刺激を受けています」と語っていた。(取材・文:成田おり枝)

※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正式表記

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は10月16日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]