「鬼滅の刃」伊之助役の声優・松岡禎丞、猪突猛進!アツすぎる声優魂

嘴平伊之助役の声優・松岡禎丞
嘴平伊之助役の声優・松岡禎丞

 魅力的なキャラクターが続々と登場する大ヒットアニメ「鬼滅の刃」の中でも、野性的な性格でありながら知れば知るほど味のあるキャラクターとして人気の嘴平伊之助。「猪突猛進」をモットーに突き進む伊之助だが、演じる松岡禎丞は「僕も仕事への向き合い方は猪突猛進。伊之助との出会いには運命的なものを感じています」と告白。『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の公開を前に、松岡が「中途半端なことはしたくない。あとで後悔しても遅いので、その一瞬に全力以上のものを出したい」というアツすぎる声優魂を明かした。

劇場版「鬼滅の刃」キャラ一覧【画像】

限界突破のアフレコで「喉がボロボロに」

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編
『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』より - (C) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 原作は、家族を鬼に殺された少年・炭治郎が、鬼に変貌した妹を人間に戻すために鬼殺隊に入り、“鬼狩り”の道を進む姿を描く吾峠呼世晴の大人気漫画。『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は、2019年4月よりスタートしたテレビアニメから続く物語となり、蝶屋敷での修業を終えた炭治郎たちが、次なる任務地<無限列車>で繰り広げる戦いをつづる。アフレコを終えた日を振り返り、「達成感はあったけれど、それ以上に疲弊してしまいました。喉もボロボロ。明日ヤバイかもしれないなと思ったほどです」と苦笑いする松岡。

[PR]

 猪の被り物がトレードマークの伊之助は、炭治郎と同期の鬼殺隊士で、本作では鬼殺隊最強の剣士である“柱”のひとり、炎柱の煉獄杏寿郎と合流して激闘に身を投じる。アフレコも「心が何度も折れそうになりながら前に進んだ」と劇中さながらの戦いとなった様子だが、「みんなが『今日で終わってもいい』くらいの気持ちで、その瞬間に全てをかけていた。途中から喉がチクチクしてきて『これ以上叫んだらまずい』と思いましたが、『ここで行かなきゃ、俺はなんのために声優をやっているかわからん! 行けー!』と前に進みました」と熱く語った。

 「現場では掛け合いで生まれるものが大事。『鬼滅の刃』の現場は、生まれてくるものに際限がない。無限に出てくる。『相手がそう来るんだったら、こう行くぞ』という感じで、みんなでどこまでも突き進んでいる感覚があります」と共演者陣との掛け合いが、何よりの力となっているという。

“猪突猛進”の声優道が始まったきっかけ

 テレビアニメで伊之助を演じるにあたり、「難しいなと思った」そう。「原作を読んでいても、伊之助は猪の被り物をしているので、顔の表情や、目から出てくる感情が読めない。内面から出てくるものを全面的に押し出していかないと、伊之助がどんな表情で言葉を発しているのか見えてこないんです。『どうしたらいいんだ』と正直頭を抱えてしまうくらいでした」と不安もあったそうだが、「現場に行ったら、“考えてきたものを全て出す”という信条があります。『なんであのとき、ああしなかったんだ』とは絶対に思いたくない。全てを出すだけでした」と演技をぶつけた。

 「今この刹那の愉悦に勝るものなし!」と言い切る伊之助と同じく、その瞬間を生きている。“猪突猛進”な仕事への向き合い方は、「伊之助のような先輩がいた」ことから始まったと明かす。

[PR]

 「大好きで、僕の根底を作り上げてくれた人。松風雅也さんです」と切り出し、「8年ほど前、僕が初主演をやらせていただいたとき、飲み会の席で松風さんから『お前のあの演技、誰でもできるよな。守りに入った芝居しているよな』と言われ、僕は『じゃあ誰がよかったんですか!』と泣いてしまいました。松風さんは『お前にしかできない芝居をしろと言っているんだよ』と。思えばその通りで、それまでの僕は『ダメ出しを受けないように』と平凡な演技をしようとしていた」と述懐。「次に松風さんに会うときは『ダメ出しを受けてなんぼだ!』という意気込みで挑み、テストから150パーセントのものをガン! と出しました。松風さんは、思い切り肩を叩いて『やればできるじゃねえか』と言ってくださいました。それからは常にテストから150の力を出すようになり、僕の猪突猛進が始まったんです」と目が覚めた思いがしたそう。

 「『もっと出して』と言われるよりは、『もっと抑えて』とディレクションされる方がいい。作品は未来にも残るものなので、中途半端なことはしたくないと思っています。この猪突猛進は、死ぬまで続きますね。そうすれば、わが生涯に一片の悔いなし!」と拳を突き上げながら、茶目っ気たっぷりに意気込みを語る。

[PR]

伊之助には「僕の集大成をぶつけてもまだ足りない」

 テレビアニメで描かれた「那田蜘蛛山編」では、伊之助の魅力をひしひしと実感したという。「伊之助が本能的に炭治郎を仲間として認めて、『アイツが戻るまで何とか……なんじゃああその考え方ァ!』と走る姿は、まさに伊之助だと思いましたね」。さらに伊之助にとって最強の敵となった父蜘蛛と戦う場面では、ある走馬灯を見る。「切なくて、印象的です」と心を寄せ、「父蜘蛛に喉を締められるシーンのアフレコは、頭がクラクラしていました」とここでも限界突破。

 いつでも支えとなるのは仲間の存在で、「『鬼滅の刃』の現場は、みんなが想像を超えた演技をしてくる。特に(善逸役の)下野紘さん」とニッコリ。「隣にいる人の大声で耳がキーン! となったのは初めての経験です。あの高音は特別。共演者の耳を破壊しかねないですね(笑)。(炭治郎役の花江)夏樹は、炭治郎の信念や努力を繊細に表現している。伊之助役の僕としては、『夏樹という現場の大黒柱を超えてやろう』という意気込みだったんです。でも夏樹の演技には極太の芯が通っていて、いくらやっても傷一つつかない。刺激を受けることばかりです」

 「伊之助との出会いには運命的なものも感じる」という松岡だが、「伊之助は、僕が声優人生11年で培ってきたもの全て注ぎ込んでも、まだまだ足りないと気づかせてくれる」としみじみ。「いつも悔いを残したくないと思って現場に臨んでいますが、伊之助は集大成をぶつけてもまだ足りない。自分にはもっとできるんじゃないかと思わせてくれたキャラクターでもあります」とさらなる高みを目指し、「鋼鉄の喉がほしいですね」と願っていた。(取材・文:成田おり枝)

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は10月16日公開

※煉獄杏寿郎の「煉」は「火+東」が正式表記

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]