高畑充希、「ひよっこ」脚本家・岡田惠和とタッグ!「にじいろカルテ」でテレ朝連ドラ初主演

ワケありのドクターにふんする高畑充希
ワケありのドクターにふんする高畑充希

 女優の高畑充希が、2021年1月にスタートする、テレビ朝日系連続ドラマ「にじいろカルテ」(毎週木曜・よる9:00~)で主演を務めることが明らかになった。NHK連続テレビ小説「ひよっこ」などの岡田惠和が脚本を担当。ある事情を抱えて、東京から田舎の小さな診療所にやってくる女性医師と、個性豊かな村民たちの日々を描く医療ドラマとなり、高畑は「温かい気持ちになれたり、『明日も頑張るか!』という気持ちになれるドラマだと感じているので、見ていただく方の1週間の癒やしになればいいなと思っています」と語っている。

三浦春馬さんと共演した『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』

 テレ朝連ドラ初主演となる高畑が演じるのは、東京の大病院から山奥深くの虹ノ村にやってくる内科医・紅野真空(くれの・まそら)。ある病の発覚により、医者の道が断たれそうになった彼女は、偶然知った虹ノ村の医師募集に、病を隠して応募したところ即採用。いざ村にたどり着くと、同じく東京からやってきた、風変わりな外科医と看護師の男2人とシェアハウス生活を送る羽目になってしまう。さらに、村の住人も妖怪のように個性豊かな面々ばかり。彼らを相手に、時に笑い、泣き、衝突しながらも、命に向き合って成長していく姿を描く。

[PR]

 意外にも初の医者役という高畑だが「医療シーンがものすごく少ないドラマで、たまにそういうシーンがあると、みんなで『そういえば医療ものだったね』って言いながら撮影しています」と告白。「真空が持病を持っているということもあり『病と共存しながら生きる』という、どちらかというと人間関係や生き方などをテーマにした作品なので、意識せずにいられています」と明かす。

 脚本の岡田については「過去に一度ドラマでご一緒した際にすごく温かい脚本を書いてくださる方だなと感じていたので、また岡田さんワールドに参加できるのがずっと楽しみでした」といい、「岡田さんの脚本には『そういうこともあるよね』『でも、まぁ、いっか!』と感じさせてくれるメッセージ性のあるセリフが多く、私たちもセリフを言いながら、本当にそうだなと共感しています。刺激的なことが多いリアルな日常の中で、このドラマを見ている時間だけでも『まぁいっか』と強張った肩の力を抜いていただけたら嬉しいです」とコメント。岡田自身も「2021年の冬、見てくださる方々の心が少しだけ温まるような、こたつ布団のようなドラマになればと願っております」と意気込みを語っている。

[PR]
笑いと涙の医療ドラマを目指す

 演出を務めるのは『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』(2020)、『神様のカルテ』(2011)などの深川栄洋監督。プロデューサーの貴島彩理は、本作について「いま世の中はまいにち劇的な出来事に溢れていて、ついついみんなが、それに一喜一憂してしまうけれど、なにか人間の“ちょっとダメでも素敵なところ”に気づけるような、ドラマを見た後に、大切な誰かに『いいんだよ』と言ってあげたくなるような、優しいドラマがお届けできればと思います」とコメントしている。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]