鈴木保奈美&西岡徳馬「東京ラブストーリー」以来、約29年ぶりに共演!

西岡徳馬と鈴木保奈美
西岡徳馬と鈴木保奈美

 鈴木保奈美西岡徳馬が、日本テレビ系のドラマ「35歳の少女」(毎週土曜日よる10時~)の28日放送の第8話で、約29年ぶりに「東京ラブストーリー」(1991)以来の共演を果たす。

【写真】鈴木保奈美×織田裕二「東京ラブストーリー」場面写真

 「35歳の少女」では、主人公・望美(柴咲コウ)の母親・多恵役を務めている鈴木。第8話では、望美が家族と結人(坂口健太郎)の前から姿を消し、連絡もつかない状態に。西岡は、結人の父親・尚志役として登場する。

[PR]

 「東京ラブストーリー」では、ヒロイン・赤名リカとワケありの上司・和賀夏樹を演じていた鈴木と西岡。それ以降、プライベートでも会ってなかったという2人は、撮影現場で再会した際、あまりの懐かしさに記念撮影を行い、当時の思い出話に花を咲かせていた。

 互いに年を重ね、鈴木はドラマ撮影のため白髪姿に。写真撮影のときには「テーマは29年後の末路だね」「まさかここから何かが始まる!?」と冗談を交わし、談笑をしていたそうだ。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]