「幽☆遊☆白書」Netflixで実写シリーズ化決定!

「幽☆遊☆白書」が実写化決定! 原作書影
「幽☆遊☆白書」が実写化決定! 原作書影

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された、1990年代を代表する冨樫義博の人気漫画「幽☆遊☆白書」が、Netflixの企画・製作で実写シリーズ化され、世界190か国に向けて配信されることが明らかになった。

【画像】クオリティー高い!舞台版「幽☆遊☆白書」

 「幽☆遊☆白書」は、予定外の事故で死んでしまった主人公が、妖怪絡みの事件を解決する霊界探偵に任命され、霊界を揺るがす事件に挑むさまを描いたファンタジーアドベンチャー。「ジャンプ」誌上で1990年から1994年まで連載され、テレビアニメ版も大ヒット。一大ブームを巻き起こし、今なお多くのファンを魅了し続けている。

[PR]

 実写版の制作は、Netflixで「今際の国のアリス」などを手掛けるROBOTが担当。ケンカに明け暮れる毎日をすごす高校生・浦飯幽助はある日、幼い子供をかばって事故死してしまう。霊体となった幽助は、霊界案内人を名乗る女性・ぼたんから、不良である幽助が「善い行い」で死ぬことが想定外だったため、天国にも地獄にも行き先がないと告げられ、生き返るための試練に挑むことに。やがて幽助は、霊界探偵として、人間界・魔界・霊界を舞台にした壮大な謎に巻き込まれていく。原作では中学生だった幽助だが、実写版では高校生になるようだ。キャストや監督は発表されていない。

 エグゼクティブプロデューサーを務めるNetflixの坂本和隆は「原作世代として育ち、当時のその熱狂と衝撃は鮮明な記憶として残っています。20年たった今でもその勢いは衰えるどころか、アジアをはじめ全世界にファンはひろがり続けていく中、Netflixにおける自由度の高い表現プラットフォームを最大限生かして作品づくりに向き合います。尺規制の無い各エピソードでのストーリー展開に加え、国内外から最高峰のチームが集結することで、原作がもつ壮大な世界観の魅力を最大化できることに喜びを感じます」と意気込みを語っている。(編集部・入倉功一)

Netflixオリジナルシリーズ「幽☆遊☆白書」は全世界同時配信予定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]