舘ひろし、石原プロ入りを渡哲也さんに反対されていた

舘ひろし
舘ひろし - (C) MBS

 阿川佐和子が司会を務めるトーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系・あさ7時30分~)の9日放送回のゲストに、舘ひろしが出演し、故・渡哲也さんに石原プロモーション入りを反対されていたエピソードなどを語る。

【動画】舘ひろし、石原軍団解散の経緯と今後を語る イベントにて

 舘は、名古屋の歴史ある旧家の長男として誕生。医師である父のもと、“医師になるものだ”と思って育ったそうだ。しかし、大学の建築学科に進学した舘は、在学中にオートバイチーム「クールス」を結成し、これを機に俳優の道を歩み始めることに。もともと役者になりたいという気持ちは全くなかったにもかかわらず、芸能界の道へと進むことになった。「演技は下手でしたし、生意気でしたから。全くやる気がないんです」と振り返り、大嫌いだった“映画の撮影”を心の中である呼び方にしていたと明かし、阿川を笑わせる。

阿川佐和子と舘ひろし - (C) MBS

 舘は、ドラマ「西部警察」に出演後、32歳の時に現在の石原プロモーションに移籍。実は、舘が“親方”と慕い続けた渡さんは、舘が石原プロに入ることを反対していたという。その石原プロが、昨年、2021年1月をもって58年の歴史に幕を閉じることを発表したが、舘は「前から決まっていた」と明かす。毎年恒例だった石原軍団正月ハワイ旅行や、石原裕次郎さんとの知られざるエピソードトークを繰り広げる。「石原プロってね、楽しいんですよ。おもちゃ箱みたいな」と石原プロへの溢れる思いを語る。(編集部・梅山富美子)

[PR]
舘ひろし、石原軍団解散の経緯と今後を語る「渡哲也次第」「マイナポイント事業」新CM発表会 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]