松永久秀が逃亡し…「麒麟がくる」第40回あらすじ 松永久秀の平蜘蛛(ひらぐも)

第1回「光秀、西へ」から登場し光秀との仲を深めてきた松永久秀
第1回「光秀、西へ」から登場し光秀との仲を深めてきた松永久秀 - (C)NHK

 大河ドラマ「麒麟がくる」の第40回「松永久秀の平蜘蛛(ひらぐも)」が10日よる8時からNHKで放送予定。あらすじを紹介する。

【写真】豪華!「麒麟がくる」出演者発表会見フォトギャラリー

 長谷川博己が主演し、戦国武将・明智光秀の知られざる半生を描いている本作。第40回では、吉田鋼太郎ふんする松永久秀が大坂本願寺攻めの最前線から、突如として逃亡をはかり、織田方に衝撃を与える。

[PR]

 光秀は伊呂波太夫(尾野真千子)の導きで松永と会い、なぜいま離反するのかと問いただす。筒井順慶(駿河太郎)に大和の守護の座を与える信長(染谷将太)の、家筋を重んじる態度が許せないという松永は、自分に大和を任せる本願寺側につくと明言し……。

麒麟がくる
(C)NHK

 松永久秀は「麒麟がくる」の第1回「光秀、西へ」から登場。若き光秀が鉄砲を調達するために堺に赴いた際に三好長慶の家臣として現れて意気投合し、光秀と酒を酌み交わした。(編集部・海江田宗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]