小芝風花&工藤阿須加、加藤清史郎の今年の目標に「可愛い」

工藤阿須加、小芝風花、加藤清史郎
工藤阿須加、小芝風花、加藤清史郎

 小芝風花が主演を務めるテレビ朝日系のドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」(1月23日スタート、毎週土曜よる11時~放送)の配信トークイベントが開催され、小芝、共演の工藤阿須加加藤清史郎が参加して、作品の見どころや今年の抱負などを語った。

【写真】小芝風花、衝撃のヤマンバギャル化!

 本作は、“物の気持ちがわかる”少女・萌子美(小芝)と、一見幸せそうに見えるけれど、実はそれぞれに問題を抱える家族の絆と再生を描く。工藤が萌子美の兄・俊祐、加藤が萌子美の恋の相手・佑矢を演じる。

[PR]

 小芝と工藤は5年ほど前、夫婦役で共演した経験があり、小芝は「今回はお兄ちゃんと聞いて笑ってしまいました」と告白。初共演となる加藤のことは、「監督さんにさわやかさを求められるたび、すごく困った顔をしていたのが印象的でした」と驚きがあったそう。工藤は、加藤について「空き時間に話をすると、すごく誠実で、礼儀正しくて、まっすぐで、人の目を見て会話をしてくれるので、役にピッタリ」と太鼓判を押す。2人のコメントに「励みになります」と顔が赤くなる加藤は、小芝と工藤からの「可愛い」という言葉に余計照れていた。

 小芝は、これまでに演じたことがない役柄に悩むことが多く、工藤に不安を聞いてもらったことがあるとも明かす。工藤は、「僕にできることは話を聞いてあげることだけ」と前置きしつつ、「役についての葛藤もそのまま演じることに生きている気がするので、僕は全てがプラスに働いていると思います」と温かな言葉を投げかけた。小芝は工藤のアドバイスで心が軽くなったそうで、3人の絆や仲の良さが伝わってくるクロストークとなった。

 また、イベントでは3人が今年の抱負をフリップに書いて、披露するコーナーも。小芝は「マイペースに一歩ずつ」とし、「今年年女で、『年女だからこうしたい』って言うより、ゆっくり一歩ずつ前に進んでいけたら。マイペースにゆっくりと」とコメントした。工藤が意外と牛は早く走ると告げると、「必要なときは小走りします!」と付け加えていた。一方の工藤は、「健康」の二文字。「なにを始めるにしても、なにを継続して続けるにしても健康でないと難しいです。健康であることが1番で、こういう状況も続いていますし、心身ともに健康でいたい」と込めた思いを述べていた。

 2人の言葉を聞き、フリップを出しにくい様子の加藤。「早寝早起き」と書かれたフリップを出すと、またしても小芝・工藤に「可愛い」と言われてしまう。加藤は早起きが大の苦手。学生でもあり、健康的な生活を送りたいそうで、工藤は「午前6時に起きるようにすれば?」と提案。すると小芝は「それでは早すぎるから午前8時起きれば?」とまるでコントのようなやりとりが展開した。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]