ADVERTISEMENT

『るろ剣』有村架純、雪代巴役のプレッシャーを原動力に

映画『るろうに剣心』で雪代巴を演じた有村架純
映画『るろうに剣心』で雪代巴を演じた有村架純 - 写真:高野広美

 大ヒットシリーズの最終章となる『るろうに剣心 最終章 The Final』と『るろうに剣心 最終章 The Beginning』で、2つの物語をつなぐ存在である剣心のかつての妻・雪代巴役に抜てきされた有村架純。雪代巴は剣心役の佐藤健が「剣心の役作りは巴から始まっている」と10年前の1作目の撮影時から常に意識して、これまでのシリーズに臨んでいたというほどの大役。有村はオファーに大きなプレッシャーを感じながらも、製作陣が求めてくれたことに「応えたい」との思いを原動力に撮影に挑んだという。芯の強さを秘めながらも、消えてしまいそうな儚さをまとう巴の美しさを体現した有村が、お守りとして持っていたという“巴の香り”。剣心と過ごした“特別な時間”について明かした。

【写真】『るろうに剣心』キャスト&ビジュアル一覧

■究極のヒロイン、巴役に「プレッシャーあった」

るろうに剣心
写真:高野広美

 和月伸宏の漫画を、大友啓史監督が実写化した本シリーズ。激動の幕末で“人斬り抜刀斎”として恐れられながら、新時代において、斬れない刀“逆刃刀”を手に大切な人々を守ろうとする男・緋村剣心の戦いを描く。原作の「追憶編」をもとにした『The Beginning』では、時間を過去にさかのぼり、剣心の謎につつまれた過去と十字傷に秘められた真実がつづられる。

ADVERTISEMENT

 巴は剣心が“不殺の誓い”を立てるきっかけとなった女性で、原作ファンからも人気の高いキャラクターのひとりだ。『3月のライオン』でも大友組を経験したことのある有村は、巴役のオファーが舞い込み「また大友監督とご一緒したかったので、とても喜ばしいオファーをいただけて光栄でした」と述懐。「監督やプロデューサーから『巴の登場するエピソードはとても人気のあるもので、これをやるためにシリーズが始まったと言っても過言ではない。本当に待ち焦がれていたエピソード』とお話しいただいて」と重みのある言葉も受け取ったそうで、「なんという大役をいただけたのか……と。プレッシャーはもちろんありました。でもそれが原動力につながったので、そう言っていただけたことに感謝しています」と心を込める。

 「シリーズものを作る大変さって、並大抵のことではないと思うんです。(佐藤)健さんをはじめとする皆さんが10年も前からつないできた思いを感じると、『とにかく皆さんの思いに応えたい』『決して踏みにじってはいけない』とその一心でした」。

■“白梅香”をお守りに

るろうに剣心
写真:高野広美

 強い意志を秘めながらも、触れればふわりと消えてしまいそうな儚さのある巴。悲しみやせつなさをたたえた瞳も忘れがたく、有村はこの難役を見事に表現した。演じる上では、「漫画やアニメでも描かれていない、巴のバックボーンをたくさん想像した」そうで、「ある出来事によって、生き方を決められてしまったような女性。物語の後半に向かうにつれて、彼女のもとの姿が見えてくるのかなと思いました。漫画原作に沿って“こういう表情をしている”とすり合わせることも大切にしながら、現場の空気を吸い込んで、しっかりと呼吸することを意識しながら過ごしていました」と語る。

 また原作では巴が“白梅香”という香りをまとっていることから、有村は「白梅香をお取り寄せして、お守り代わりにいつも現場に持って行っていたんです」と告白。「お花のような香りで、とてもいい匂いがして。最初は香水としてつけていたんですが、撮影現場はホコリっぽいところもあったので、香水とホコリが混ざると、自分が不快な匂いをさせてしまうのではないかと思って(笑)。途中からつけるのはやめて、お守りとして持っているようにしました」と香りも役作りにつなげたという。

ADVERTISEMENT

■「剣心の孤独な背中を思い出すとさみしい気持ちになる」

るろうに剣心
写真:高野広美

 剣心役の佐藤は「このエピソードをやらずに、人生を終えるわけにはいかない」というほどの覚悟で最終章に臨んでいた。撮影現場では、佐藤のどのような姿を目にしていただろうか。

 有村は「現場でも、健さんがずっと守ってきた『るろうに剣心』への思いをひしひしと感じました」と振り返り、「健さんは、寡黙に自分のやるべきことをまっとうされる方。現場でも『るろうに剣心』のアニメを鑑賞したりしながら、役に臨んでいました。改めてプロフェッショナルな役者さんだなと感じています。『The Final』『The Beginning』と続けて撮影されて、アクションも盛りだくさん。体力だって限界のはずです。でも大変そうな顔はいっさい見せずに、ただただまっすぐに役に向かう。なかなかできることではありません」と佐藤のプロ魂に感嘆。「そういった姿から、私もたくさん背中を押していただきました」と力をもらったという。

ADVERTISEMENT

 心を通わせつつも、剣心はなぜ巴に刃を向けたのか。『The Beginning』で明らかとなる剣心と巴が過ごす時間は、優しく、温かくもありながら、とてもせつないものでもある。「巴はほぼ笑うこともないですし、剣心と巴はこんなに残酷な運命があるのかという2人」と彼らに心を寄せる有村。いつも朗らかな笑顔を見せる有村だが、剣心と巴の話をする彼女はとても悲しげに見えた。有村は「あの時間を思い出すと、剣心の孤独な背中をずっと見ていたからか、ものすごくさみしい気持ちになるんです。その背中が、今でも目に焼きついています」と胸の内を打ち明ける。剣心と巴、二人のドラマチックな物語は、観客にとっても忘れ難いものとなるはずだ。(取材・文:成田おり枝)

『るろうに剣心 最終章 The Final』『るろうに剣心 最終章 The Beginning』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT