ADVERTISEMENT

『クルエラ』巨大な赤ドレス制作秘話!花びら部分は全て手作業だった

ゴージャス!クルエラが着用する花のドレス
ゴージャス!クルエラが着用する花のドレス - (C) 2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 ディズニー屈指のヴィラン・クルエラの誕生秘話を描いた映画『クルエラ』で衣装デザイナーを務めたジェニー・ビーヴァンが、本作で最も制作が大変だったという巨大な赤の花びらドレスについて語った。

【フォトギャラリー】どれも美しい!劇中で登場するドレス

 1970年代のロンドンを舞台に、目的のためなら手段を選ばない非情な悪役“クルエラ”へと変貌していく少女・エステラ(エマ・ストーン)の姿を描く本作。エステラはファッション・デザイナーになることを夢見ており、劇中では彼女やカリスマデザイナー・バロネス(エマ・トンプソン)が手がけるゴージャスなドレスが数多く登場する。

ADVERTISEMENT

 『眺めのいい部屋』『マッドマックス 怒りのデス・ロード』でアカデミー賞衣装デザイン賞を受賞したジェニーが手がけた衣装は、映画の時代に合わせたパンク調なデザインや、華やかなものまでさまざま。その数はクルエラだけでも膨大で、ジェニーは「47種類のルックスがあるの」と明かしている。

 とりわけ目を引くのが、クルエラが記者たちの前で堂々と披露する赤い花のドレス。上は黒を基調したアーミー・ジャケットに対して、下は真っ赤な花びらがびっしりと繋がる上品な仕上がりだ。クルエラが着用する時間はほんのわずかだが、そのデザインや登場シーンの演出が観客に強烈なインパクトを与える。

 ジェニーによると、この花のドレスは制作段階で最も長く時間を費やしたという。「あれを作るのにはとても長い時間がかかった。なぜなら、すべての花びらは手でつけられたからよ」と花びらの部分は全て手作業だったことを明かすと、「布地を染めるなど、いくつか違うやり方を試してみたわ。でも、上手くいかなかったの」と制作時に苦戦したことを振り返っている。

 他にも、劇中ではクルエラの魅力を引き出す衣装が多数登場する。火をつけることで一瞬で純白から真っ赤に変わるドレスや、ゴミ収集車の中から飛び出して披露する超ロングドレスなど、驚くような仕掛けがたくさん。物語を追いながら、彼女が着こなすドレスの数々に注目してみるのも一興だろう。(編集部・倉本拓弥)

映画『クルエラ』は劇場公開中、ディズニープラス プレミアアクセス公開(※プレミアアクセスは追加支払いが必要)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT