ADVERTISEMENT

『愛しき人生のつくりかた』監督最新作が12月に公開 3兄妹の絆をめぐるラブコメディー

主演はリュディヴィーヌ・サニエ
主演はリュディヴィーヌ・サニエ - (C) 2018 NOLITA CINEMA - LES FILMS DU MONSIEUR - TF1 DROITS AUDIOVISUELS - FRANCE 2 CINEMA

 映画『愛しき人生のつくりかた』などで知られるジャン=ポール・ルーヴ監督によるフランス映画『ローラとふたりの兄』が12月10日より日本公開されることが明らかになった。

リュディヴィーヌ・サニエ主演!フランス発ラブコメディー『ローラとふたりの兄』【写真】

 本作は、フランス西部の都市アングレームを舞台に、弁護士のローラと変わり者の兄ブノワとピエールの姿を描く家族の物語。3人は死別した両親の墓参りで毎月一度は集まることが習慣になっていた。ある日、ブノワの3度目の結婚式で大遅刻をしてきたピエールの失礼なスピーチが原因で兄弟喧嘩が勃発。そんな中、離婚調停の依頼人と恋をするローラだったが、病院である事実を告げられる。ピエールは深刻な仕事のトラブルを抱え、ブノワは心の準備なしに父親となり、3人にそれぞれの事情が降りかかるも彼らは強い絆で結ばれていた。

ADVERTISEMENT

 主演として妹のローラを演じるのは、これまで『8人の女たち』『スイミング・プール』などのフランソワ・オゾン監督の作品に出演してきたリュディヴィーヌ・サニエ。近年では是枝裕和監督『真実』にも出演しており、今回は小悪魔的なファム・ファタルのイメージとは異なる、個性的な兄たちを母親のように世話する常識人の末っ子を等身大の演技で表現する。ジョゼ・ガルシアがピエール役を務め、ルーヴ監督自身が長男ブノワを演じている。

 ルーヴ監督にとって4作目となる本作。脚本を作家でもあるダヴィド・フェンキノスが手掛け、人々の日常がユーモラスに描かれると共に、明確に階層化されたフランス社会の明暗も浮き上がらせている。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT