ADVERTISEMENT

ティム・バートン版「アダムス・ファミリー」両親役が決定!

キャサリン・ゼタ=ジョーンズ&ルイス・ガスマンはスティーヴン・ソダーバーグ監督の映画『トラフィック』にも共に出演 - 画像はNetflix公式Twitterのスクリーンショット
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ&ルイス・ガスマンはスティーヴン・ソダーバーグ監督の映画『トラフィック』にも共に出演 - 画像はNetflix公式Twitterのスクリーンショット

 ティム・バートン監督がメガホンを取るNetflixの実写ドラマシリーズ「ウェンズデー(原題) / Wednesday」で、母モーティシア役をキャサリン・ゼタ=ジョーンズ、父ゴメズ役をルイス・ガスマンが務めることが発表された。

【画像】かわいい!長女ウェンズデー役のジェナ・オルテガ(右)

 「ウェンズデー(原題)」は、モンスター一家「アダムス・ファミリー」の長女ウェンズデーを主人公にした新シリーズ。ウェンズデーがネヴァーモア・アカデミーでサイキック能力を身につけ、地元を恐怖に陥れている連続殺人事件を阻止しながら、25年前に両親を巻き込んだスーパーナチュラルな謎も解明していく……というミステリーコメディーになるという。ウェンズデー役は、映画『YESデー ~ダメって言っちゃダメな日~』の若手女優ジェナ・オルテガに決定している。

 脚本はテレビドラマ「ヤング・スーパーマン」のアルフレッド・ガフマイルズ・ミラー。配信日についてはまだ発表されていない。(編集部・市川遥)

ADVERTISEMENT
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT