ADVERTISEMENT

山田杏奈、映画初出演の作間龍斗は「堂々としていた」

(左から)首藤凜監督、芋生悠、山田杏奈、作間龍斗、綿矢りさ
(左から)首藤凜監督、芋生悠、山田杏奈、作間龍斗、綿矢りさ

 山田杏奈作間龍斗HiHi Jets/ジャニーズJr.)が4日、都内で行われた映画『ひらいて』の完成披露イベントに登壇し、真摯に向き合った撮影を振り返った。この日は、芋生悠首藤凜監督、原作者の綿矢りさも来場した。

【写真】作間龍斗、初舞台あいさつに緊張!イベントの模様

 本作は、恐れを知らない女子高校生・木村愛(山田)の熱い恋心が暴走するあまり、意中の相手である西村たとえ(作間)の恋人・新藤美雪(芋生)にまで向けられる、エキセントリックでありながらも切実な純愛を描いたラブロマンス。

ADVERTISEMENT

 山田にとって愛役は、「今までにないくらい追い詰められたし、自分をすり減らしながら向き合った役」だそうで、「かなり突拍子もない行動をする子なので、最初は(愛の気持ちが)わからないかもしれないと思い、監督にも言いました。でも、高校生ならではの暴力的な感情は誰にも共通するものだと思うので、そういう根本にあるものを大事にしながら精いっぱいやりました」と説明。

 一方、冒頭「舞台あいさつは初めてで、めちゃめちゃ緊張しています」と話していた作間は、「映画出演が初めてなので、周りの方々からたくさんの教えや刺激をいただいて、今日までたどり着きました」としみじみと語った。

 作間は、出演が決まったときに山田と芋生について事前にウェブ検索をして情報を取得したことも告白し、「すごく活躍されている方々なので、ずっと『うわぁ、やべぇ!』と圧倒されていました」と現場での様子を打ち明けた。また、山田から「いつも堂々としていました。自分の撮影がないときは現場に残って見ていました」と明かされると、「得られるものは全部得とこうと思って見させていただきました」と真摯な一面を見せた。

 そんな作間について、芋生が「今日、たとえの印象と全然違う」と驚くと、首藤監督も「知らない人(みたい)。現場ではずっと“たとえくん”だったので親密に話すことができたんですけど、今は立ち姿がジャニーズの格好いい人の立ち姿」と見入った。続けて、「現場では(役になり切って)でくの棒みたいに立っていたけど、内面の美しい部分が映っている気がするので心が洗われます」とどちらの作間もいいことを伝え、作間を照れさせていた。

ADVERTISEMENT

 「心も体も開く」というテーマの本作にちなみ、「最近の開いた出来事」を問われると、山田は「サウナーへの道」、芋生は「料理の楽しさ」と回答。今年19歳になった作間は「20歳への扉」と答え、「本格的に20歳が近づいてきたな……。4年前くらいから楽しみにしていたんですけど、やっと来たな……」と、間もなく開く20歳への扉に期待を寄せた。一方で、今年の誕生日プレゼントにまつわる失敗談も披露。「コーヒーメーカーがほしいと言いまわっていた」ところ、母親とグループメンバーからそれぞれプレゼントしてもらったのだとか。作間は「家に本格的なコーヒーメーカーが2台ある」と苦笑いするが、「用途が違うものなので、気分によって使い分けて楽しんでいます」と喜びの表情も見せていた。(錦怜那)

映画『ひらいて』は10月22日より公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT