ADVERTISEMENT

坂口健太郎が「逃げ恥」平匡似!?「ハンオシ」初回の反応は?

「婚姻届に判を捺しただけですが」初回より清野菜名&坂口健太郎
「婚姻届に判を捺しただけですが」初回より清野菜名&坂口健太郎 - (C)TBS

 19日、清野菜名坂口健太郎共演のTBS10月期火曜ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」(夜10時~)の初回が放送され、タイトルのほか坂口健太郎がTwitterトレンド入り。本作が「偽装結婚」を描いたストーリーであることに加え、坂口演じるキャラクターが神経質な性格だったことから大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で星野源が演じたサラリーマン・平匡を彷彿とさせるという声も多く見られた(※一部ネタバレあり)。

「ハンオシ」初回場面写真

 本作は、有生青春の同名漫画を原作に、デザイン会社で働く27歳の大加戸明葉(おおかど・あきは/清野)と広告代理店に勤める30歳の百瀬柊(ももせ・しゅう/坂口)の偽装結婚の行方を描くラブコメ。初回では、独身生活を謳歌していた明葉が、切迫した状況から藁をもつかむ思いで百瀬が提案した偽装結婚の提案を受け、新生活をスタートするまでが描かれた。

ADVERTISEMENT

 SNS上を沸かせていたのが、坂口演じる百瀬のぶっ飛んだキャラクター。主人公・明葉との出会いは、ファミレス。そこで同僚たちとランチをしていた明葉が、百瀬が女性にプロポーズするなり水をかけられる修羅場を目撃。百瀬と目が合った明葉は何とも気まずい雰囲気になるが、間髪を入れず飲み会の席で百瀬と偶然再会。今度は自分に結婚の話を持ち出す彼に、飲んでいた酒を吹き出し、しょうこりもなく「必要な時、パートナーとして横に立っていてくれればいい」と迫る彼に花瓶の水をかけ……と、百瀬は10分経たないうちに3回も水をかけられるハメに。明葉は百瀬のことを心の中で「奇天烈白アスパラ」と命名していた。

 初対面の相手にいきなりプロポーズする百瀬はどう見ても「ヤバい人物」にしか見えず、ネット上では「坂口健太郎じゃなかったら通報レベル」といった声が続々。反応はさまざまだったが、やみくもに結婚しようとする百瀬には彼なりの切実な理由があり、ラストにはダメ押しの展開が用意されていた。

 「逃げ恥」の平匡を思わせるという声は、明葉と百瀬の偽装結婚生活が始まってからのこと。明葉が百瀬の家に転がり込んでくるなり、百瀬は「郵便物はとりあえずリビングに広げるタイプか」などと生活習慣に探りを入れ、最低限のルールを記したという「共同生活の掟」なる書類を明葉に提示。「細かっ!」と心の中でつぶやく明葉に賛同する声が続々上がっていた。ちなみに、「逃げ恥」のみくり(新垣結衣)と平匡は従業員と雇用主としての「契約結婚」だったが、同居生活が始まる際には平匡が細かいルールを定めていた。

 一方で、清野&坂口に劣らぬ視線を浴びていたのが、百瀬の愛猫おもち(エキゾチックショートヘア)。明葉もとりこになるおもちが「可愛すぎる」「ブサかわ」「猫にしか目がいかない」と視聴者をほっこりさせていた。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT