ADVERTISEMENT

井ノ原快彦が語るすみっコの魅力「かわいいとかプニプニは人を幸せにする」

キャラクターへの愛を語った井ノ原快彦
キャラクターへの愛を語った井ノ原快彦

 井ノ原快彦が22日、都内で行われた『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』の公開直前! 舞台あいさつ付きおひろめ試写会に来場。「かわいいとかプニプニするのがこんなにも人を幸せにしてくれるのか」とすみっコたちの魅力を再確認した様子だった。イベントには、本上まなみ大森貴弘監督も参加した。

【写真】井ノ原快彦、笑顔でダブルピース!

 本作は、すみっこにいることが好きなキャラクター、すみっコたちが登場する劇場版アニメの第2弾。5年に1度の青い大満月の夜、すみっコたちが住む町に魔法がかけられるさまを描き出す。前作に引き続きナレーションを担当した井ノ原は「楽しかったです」と笑顔を見せるも、「『すみっコ』の第2弾があるらしいと聞いた時は、僕のところにお話が来てなかったので。今回は違う人かなとずっと思っていたんですけど、後から連絡が来てよかった」と続編に参加できるのか、心配していたことを明かす。

ADVERTISEMENT

 一方の大森監督は「僕らとしては最初からお二人に続投をお願いしたいと思っていたんですが、(連絡がないことに)誤解があったようで」とあわてた様子で、本上が「不安でしたよね」と語ると、井ノ原も「決めていたなら早めに連絡をいただきたかったです」と監督に対して冗談交じりに不満をぶちまける。そんな二人に大森監督は平謝りしつつも、「二人はすみっコたちのお兄さんお姉さんみたいですてきでした」と二人の参加には満足げだった。

 井ノ原は、前作の時点から「えびふらいのしっぽ」というキャラクターが好きだったそうで、「小さい頃から、家族に(しっぽを)ちょうだいというくらい好きだったんで、俺だったら残さないのになと思いながら観ていたんですが、今回の映画を観ると、えびふらいからとかげに浮気しちゃいそうで。グッと引き込まれました」と告白。すると、となりにいたとかげはプルプルと震えて大喜び。その姿を見た井ノ原は「これでとかげが好きにならない人がいるのかなというくらいかわいかった」と笑みをこぼしつつ、「それから僕は(すえっコの魔法使いの)ふぁいぶにも共感できたんですが、僕も6(V6)の方で頑張っているので、同じ数字としては共に頑張っていきたいなと思います」とさらなる推しの存在を明かした。

ADVERTISEMENT

 そして最後のコメントを求められた井ノ原は「本当にすみっコのひとりひとりを見ても、完璧じゃない。だけど、完璧である必要なんかないんだなと思わせてくれる。仲間がまわりにいるからこそ、自分のできないことは他の人がやってくれるだろうし、ほかの人ができないことは自分がやってあげればいい。それってお互いがネジを巻き合っているような、そんな世界だなと思う」と本作の魅力について語る。

 続けて、「この世の中もそうなればいいなと。自分と重ね合わせて。もうちょっと気を楽にして、楽しくやっていこう、みんなと寄り添っていこうという気持ちになると思います」とコメント。さらに「かわいいとかプニプニするのがこんなにも人を幸せにしてくれるのかと。本当に観た後は他の人に優しくなるような気持ちになる映画だと思います」とメッセージを送った。(取材・文:壬生智裕)

『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』は11月5日より公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT