ADVERTISEMENT

『ベニスに死す』世界で一番美しい少年のドキュメンタリー12月17日公開

ポスタービジュアル
ポスタービジュアル - (C)Mantaray Film AB, Sveriges Television AB, ZDF/ARTE, Jonas Gardell Produktion, 2021

 巨匠ルキノ・ヴィスコンティの映画『ベニスに死す』(1971)で主人公を魅了する美少年タジオを演じたビョルン・アンドレセンを題材にしたドキュメンタリーが、『世界で一番美しい少年』のタイトルで12月17日より公開されることが決定した。

絶世の美少年…『ベニスに死す』場面写真

 ヴィスコンティに見出され、“世界で一番美しい少年”として15歳の当時一大センセーションを巻き起こしたアンドレセン。同作は1971年カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され25周年記念賞を受賞。日本でも1972年のキネマ旬報ベスト・テン第1位に選出されるなど高い評価を受けた。名優ダーク・ボガードが演じる主人公の作曲家を惑わす少年タジオにふんし、圧倒的な存在感で注目を浴びたアンドレセンは、同作の日本公開年などに来日し、CM出演などの芸能活動も行い、日本のカルチャーに大きな影響を及ぼした。劇中、漫画「ベルサイユのばら」の作者・池田理代子は、彼が主人公“オスカル”のモデルであったと語っている。

ADVERTISEMENT

 そして50年後、アンドレセンは日本でも大ヒットしたホラー映画『ミッドサマー』(2019)に出演し、その変貌ぶりが話題に。本作では、アンドレセンが巨匠ヴィスコンティとの出会い、“世界一の美少年、タジオ”を探すために壮大な規模で行われたオーディションや映画撮影、カンヌや来日時の熱狂の裏側、その後の人生を運命づけられてしまった悲劇などを語る。

 本作は今年アメリカ、ユタ州で開催されたサンダンス映画祭でプレミア上映されたほか、オスロ・ピックス映画祭、クリーブランド国際映画祭、セドナ国際映画祭などで上映。ポスタービジュアルには、『ベニスに死す』出演のためにヴィスコンティ監督のオーディションを受けた際のアンデレセンの写真が用いられている。(編集部・石井百合子)

映画『世界で一番美しい少年』は、12月17日よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ他全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT