ADVERTISEMENT

レオナルド・ディカプリオ、900人以上で集団自殺したカルト教団の教祖役へ

難役に挑み続けるレオナルド・ディカプリオ
難役に挑み続けるレオナルド・ディカプリオ - Dave J Hogan / Getty Images

 オスカー俳優レオナルド・ディカプリオが、映画『ジム・ジョーンズ(原題) / Jim Jones』でカルト教団「人民寺院」の教祖を演じるべく最終交渉に入ったとDeadlineが報じた。

【動画】全編POVでカルト教団の集団自殺を体感する衝撃ホラー

 同作は1978年11月18日に900人以上の命を奪った集団自殺を強行したジム・ジョーンズを題材にした映画で、『ヴェノム』のスコット・ローゼンバーグが脚本を執筆。MGMの下、ディカプリオの制作会社アッピアン・ウェイが製作を行うことになっている。

ADVERTISEMENT

 ジョーンズは1955年に米インディアナポリスで社会主義キリスト教系新宗教である「人民寺院」を設立し、1970年代までには伝統的なキリスト教を公然と否定し、自分こそが神であると主張するように。1974年、南米ガイアナに教団のコミューンであるジョーンズタウンを建設し、アメリカ政府の抑圧から解放された楽園をうたった。そして1978年11月18日、人権が侵害されているとの情報を聞きつけて同所を訪れていたアメリカ合衆国下院議員とその他4名が信者に銃殺され、その後、ジョーンズは集団自殺を実行。918人の死者のうち、304人は子供だった。

 この事件を題材した映画には、『ホステル』のイーライ・ロスが脚本・製作を務め、『V/H/S シンドローム』のタイ・ウェストがメガホンを取ったホラー『サクラメント 死の楽園』などもある。(朝倉健人)

映画『サクラメント 死の楽園』予告編 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT