ADVERTISEMENT

柴咲コウ『マトリックス』吹き替え声優に!キアヌとリモートで再会

『マトリックス』カラーの衣装で登場した柴咲コウ
『マトリックス』カラーの衣装で登場した柴咲コウ

 女優の柴咲コウが、映画『マトリックス レザレクションズ』の日本語吹き替え版で声優を務めることが7日、都内で行われたイベント「マトリックスデイ」にて発表された。イベントに出席した柴咲は「少しですが声をやらせてもらっています」と語ると、役名は不明だが、主演のキアヌ・リーヴスとシーンを共にするキャラクターを担当すると明かした。この日は、映画の日本版インスパイアソングを手掛けたMY FIRST STORYのヴォーカルHiroも登壇したほか、キアヌとキャリー=アン・モスもリモートで出演した。

【画像】10年前!柴咲コウ&キアヌ・リーヴスの2ショット

 『マトリックス レザレクションズ』は、自分の生きる世界が仮想現実だと知った主人公・ネオが、人類の救世主としてマシンに戦いに挑む姿を描いた『マトリックス』シリーズの18年ぶりとなる新作。キアヌが救世主ネオを、キャリーがヒロイン・トリニティーを再演する。

ADVERTISEMENT

 ハリウッド映画『47RONIN』(2013)でキアヌと共演した柴咲は、当時を振り返りながら「とても真っ直ぐでピュアな方」とキアヌの印象を述べると、「最初に『これからよろしく』と日本語で書かれたお手紙をいただいて。わざわざ日本語を練習して書いてくださったと思っただけでも感動してしまいました」とエピソードを披露。そんなキアヌとリモートで再会した柴咲は、英語で会話を交わすと「感動して胸がいっぱいです」と破顔する。

キアヌ&キャリーがリモート出演!

 リモート出演したキアヌも、「最高です。本当だったらそちらの会場に行ってハグして『こんにちは』と笑顔を向け合いたいぐらい」と興奮気味に語ると、日本のファンに向けて「ありがとう」と手を振っていた。

 遠く離れていながらもキアヌとコミュニケーションを取った柴咲は、「まさに『マトリックス』の世界のよう。シリーズの最初に映画が公開された時期ではできなかったようなこと。こういうことができる時代になったんですね」としみじみ語ると、「本当に再会できて嬉しかった。陽気なキアヌと会話ができて感動しました」と感情を爆発させていた。(磯部正和)

映画『マトリックス レザレクションズ』は12月17日全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT