ADVERTISEMENT

山田涼介、怪獣の上でHey! Say! JUMPメンバーと踊る提案に「厳しいかも…」

大怪獣の上でJUMPメンバーとダンスは厳しい?- 山田涼介
大怪獣の上でJUMPメンバーとダンスは厳しい?- 山田涼介

 Hey! Say! JUMP山田涼介が9日、丸の内ピカデリーで行われた映画『大怪獣のあとしまつ』(2月4日全国公開)のウルトラプレミアイベントに出席。ジャニーズ好きで知られる司会の青木源太アナウンサーから、大怪獣の上でHey! Say! JUMP メンバーと歌って踊るという提案を受けると、「踊るのは厳しいかもしれないですね……」と返答した。この日は土屋太鳳濱田岳オダギリジョー西田敏行三木聡監督も登壇した。

【画像】山田涼介、眩しい笑顔!

 本作は、人類を恐怖に陥れた巨大怪獣が死んだ後、その死体をいかにして処理するのかという緊急事態に挑む人々の姿を描いた空想特撮エンターテインメント。ドラマ「時効警察」シリーズなどの三木監督が脚本も執筆した。山田は怪獣の死体処理を命じられた特務隊員・帯刀アラタを、土屋はアラタの元恋人である環境大臣秘書・雨音ユキノを演じている。

ADVERTISEMENT

 舞台上には、壊れた街並みのジオラマセットに6メートル級の大怪獣が横たわるなど、映画の世界観を完全再現するステージ仕様に。そこに登壇した山田は、「この作品はコロナの影響もあって、いろんなことが重なり、完成までに約2年かかりましたが、2022年早々にこうして皆さまにお届けできることを心よりうれしく思います。ぜひ楽しんでいってもらえたら」とあいさつ。土屋も「撮影から約2年。厳しい状況の中での判断も乗り越えて、そして復活し、完成したこの作品はまさに時代のヒーローという作品になると感じています。厳しい状況ではありますが、特撮のエンターテインメントのパワーをぜひ楽しんでください」と呼びかけた。

 イベントでは、映画のタイトルに関連して、全長155メートル・横幅380メートルの大怪獣の死体を「自分だったら、どう後始末するのか? そのアイデアを教えてください」という質問が寄せられた。山田は「日本全国から人を集めて、この怪獣で焼き肉じゃないですか? 片付けるのは無理だと思うんですよ。一般人として、公権力を使うということも僕にはできないので。みんなでちょっとずつ切って、『この部位美味いね』みたいな話をしながら焼き肉をしたい。もちろん美味しかったらですけどね」と笑いながら回答する。

ADVERTISEMENT

 すると、司会の青木アナウンサーが「映画の中では怪獣の上に乗るなんてシーンも出てきますが、Hey! Say! JUMP のメンバーで歌って踊って、というのはいかがですか?」と山田に提案。すかさず山田は、「映画を観ていただけると分かると思いますが、ちょっと足元が不安定なので……。踊るのは厳しいかもしれないですね」と冷静に回答していた。

 さらに「今年こそ“あとしまつしたい”ことは?」という質問に、山田は「引っ越しのダンボール」と回答。「最近、引っ越したというわけではないんですけど、未開封のダンボールって何個かありませんか?」と切り出しつつ、引っ越しをしてから一度も開けたことがなかったというダンボールについて言及。ちなみに山田の家には未開封のダンボールが二つあるそうで、「絶対に必要ないものだと思うんですけど、中に何が入っているんだろうと。そこにはざっくり“機材”と書いてあるんですけど、何の機材だろう、でも開けなくても別に困っていないしな、みたいな。そのまま引き出しに閉まっているので、今年こそは開けたいなと思います」と改めて決意を固めた様子だった。(取材・文:壬生智裕)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT