ADVERTISEMENT

圧巻の音楽シーン!『ライフ・ウィズ・ミュージック』サウンドトラックMVが公開

カラフル!
カラフル! - (C) 2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.

 ステージでは素顔を見せない“顔なきポップスター”として知られるシンガーソングライターのシーアが初監督を務める映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』(2月25日公開)より、劇中を彩る楽曲にフォーカスしたサウンドトラックMVが公開された。

『ライフ・ウィズ・ミュージック』サウンドトラックMV【動画】

 本作は、シーア自身の実体験をもとに、アルコール依存症のリハビリテーションプログラムを受けながら孤独に生きるズー(ケイト・ハドソン)を主人公にした人間ドラマ。祖母の急死により長らく会っていなかった自閉症の妹ミュージック(マディ・ジーグラー)と暮らすことになったズーの姿が描かれる。シーアが原案・脚本・製作も手掛け、全12曲を書き下ろしている。

ADVERTISEMENT

 それぞれの楽曲は、心の奥に孤独を抱えたズーの苦悩と成長が描かれるリアルなドラマシーンに差し込まれながら、妹のミュージックの頭の中で繰り広げられるイマジネーション豊かな音楽シーンで奏でられる。歌詞とメロディーは一曲一曲が自己完結型のミュージックビデオのように構成されており、登場人物たちがカラフルでポップな衣装を身にまとい、歌とダンスで心情を表現している。

 今回公開されたサウンドトラックMVでは、色とりどりの楽曲とイマジネーション豊かでカラフルな世界を代表する6曲が彩る音楽シーンが切り取られている。ケイトが赤い世界で少しハスキーながらもビビットな声で日々の喜びを歌う「1+1」から始まり、マディがピンク色の雲の中に浮かぶような姿で登場して歌声を披露する「Best Friend」、ミュージカル「ハミルトン」でブロードウェイを沸かせたレスリー・オドム・Jrによる「Beautiful Things Can Happen」、ケイトとマディが交互に歌う「Could I Love With No Fear」、劇中で壮大なハイライトとなる「Music」、そして本作のメッセージが込められた主題歌「Together」が収められている。

ADVERTISEMENT

 数々の音楽シーンに挑んだケイトは「ダンス、歌、基本動作の習得など、実際の撮影に入る前にやることが多くて、時間をかけてたくさん練習を積みました。でもそれが楽しいの、ほかのスタッフやキャストと親しくなれるから。そういった前準備をして撮影に入ると、もうそこに全部ある。今までやってきた音楽は流れているし、ダンスも仕上がっている。小道具も、ライトも、衣装も全て揃っている。最高ですよ。こういう撮影が終わると、こんなまたとない機会に恵まれてよかった、俳優として素晴らしい経験ができたと、しみじみ思いますね」と思いを語っている。(編集部・大内啓輔)

映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』サウンドトラックMV » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT