シネマトゥデイ

これがAmazonの本気!ジャック・ライアンここがすごい!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
SP
Amazon / Photofest / ゲッティ イメージズ

 良質のオリジナル作品を数多く発表している Amazon Prime Video が、新作ドラマ「ジャック・ライアン」で遂に本格派アクションシリーズに進出した。映画並みのクオリティーとイッキ見不可避なストーリーは、アクション映画ファンを満足させること間違いなしの完成度だ。Amazonプライム会員なら誰でも観られる、贅沢なエンターテインメント大作の魅力に迫る。(編集部・入倉功一)

SNSやメディアで高評価!リアリティーあふれる本格ドラマ

 もともとジャック・ライアンは、アメリカのベストセラー作家トム・クランシーが生んだ小説シリーズの主人公で、幾度も映画化されている人気キャラクター。この伝説的な原作をAmazonは、設定を現代に置き換えた完全オリジナルストーリーとしてドラマ化。中東における紛争や難民問題など、現代の社会情勢を巧みに取り入れたポリティカルサスペンスとして蘇らせた。

SP
デスクワーク専門だったジャック・ライアンは、上司のジェームズ・グリーアの要請で現場に駆り出される。

 その出来栄えにAmazonは絶対的な自信を見せており、配信前からシーズン2の制作にGOサイン。いざ配信がスタートすると「視聴者を引き込む語り口と魅力的な俳優陣による、安定したスパイスリラー」(The New York Times)、「望まれた要素を理解し、その試みのほとんどが成功した番組のひとつ」(Rolling Stone)などアメリカの主要メディアから高評価で迎えられた。

 また、視聴者からも爆発的な支持を集め、SNSでは「ジャック・ライアンに泣かされた」「天才的なストーリー」「過去最も素晴らしいシリーズだ!」など濃厚なストーリーへの絶賛が多数。さらに日本でも「面白くて寝られない」「面白すぎて止まらん」「気持ちのいい終わり方とちょうどいい長さでめっちゃ面白かった!」など、中毒者が続出している。

CIA分析官ジャック・ライアンの魅力!

SP
どこから見ても普通に見えるジャック・ライアンだが、元軍人として暗い過去も抱えている。

 「ジャック・ライアン」が描くのは、アメリカとその同盟国を狙った、テロリストによる世界規模のデスゲーム。中東で人知れず進行していたテロ計画を、アメリカ政府内でただ一人察知したCIA分析官ジャック・ライアンが、テロを阻止するために世界中を奔走する姿が描かれる。

 元金融マンで元軍人という異色の経歴を持つ主人公ジャックは、CIAのテロ資金・武器対策課(T-FAD)に所属するエージェント。中東・イエメンにおける不審な金融取引から、世界にテロの脅威を拡散しようとする指導者スレイマンの存在を察知。彼の卓越した分析能力を見抜いた上司ジェームズ・グリーアによって、半ば無理矢理にデスクワークから現場エージェントへと転身を遂げる。

 ジャックの最大の武器は、情報の本質を瞬時に理解する、その知性だ。綿密なテロ計画に生じた、わずかなひずみを見逃すことなく、スレイマンを追い詰めていく。性格は温厚だが、分析官としての仕事には絶対の自信を持っており、人命を救うためならば、上司との対立もいとわない情熱的な一面も。現場経験は浅いものの、テロを防ぐためであれば、銃を手に迷わず危機に飛び込むことができる、知性と勇気を兼ね備えたヒーローだ。

本格的なミリタリーアクション

SP
Amazon最大級のスケール!

 Amazonが総力を結集した本作は、アクションも、もはや映画並のスケール。全8エピソードの1話目から、いきなりアメリカ軍とテロリストによる大規模な戦闘シーンが展開する。トム・クランシーの小説は、軍事や諜報活動に精通した著者による、濃密なミリタリー描写が持ち味のひとつだが、「ジャック・ライアン」にも、その魂が受け継がれている

 さらに、テロを防ぐジャックの旅は、アメリカ・イエメン・トルコ・フランスなど世界中に拡大していく。エピソード毎に各国の特色をリアルに表現した、大規模なセットにも注目だ。もちろん元軍人のジャックも、「ただの分析官」と言いながら、銃を手にテロリスト相手に奮闘。戦いと共に、ジャックの過去も明らかになっていく。

テロリストは愛情溢れる父親で魅力的な人物

 また、ジャックが対峙(たいじ)するテロリストの描写もリアリティーが追求されており、マシンガンを乱射するだけのテロリスト像とは無縁だ。特に、ジャックが追跡するテロの首謀者スレイマンは、西洋社会で育ったインテリで、妻と子供たちを愛し、部下も大事にする、思わずこんな上司がいればいいのに……と思ってしまう理想的な指導者として描かれている。

 少年時代に西洋諸国の軍事介入によって家族を奪われたスレイマンは、たった一人の弟と共に中東からパリに移住。貧しい生活のなかで勉学に励み、大学を卒業した苦労人だ。しかし、白人社会の偏見にさらされ、中東系というだけで就職がままならず、白人警官からも犯罪者扱いされる日々を送っていた。

SP
良き指導者であり、父親でもあるスレイマン

 そんなつらい過去の経験から、何より家族を大切にするスレイマンだが、愛情あふれる父親である一方で、恐ろしいテロリストでもあるという、複雑なキャラクターは、ジャックと並ぶもう一人の主人公と言ってもいい魅力的な人物だ。

 テロリストの一歩先を行こうと奮闘するジャックに、CIAを出し抜こうとするスレイマン。立場の違う2人の魅力的なヒーローの情報戦を同時進行で追う物語の展開は臨場感バツグン。視聴者の声の通り、一度見始めると、途中で視聴を止めるのは困難だろう。

「トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン」は Amazon Prime Video にて配信中

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]