美しき男たちがズラリ!注目の新ドラマ

今週のクローズアップ

 中村倫也織田裕二玉木宏高橋一生中島健人平野紫耀田中圭綾野剛星野源堺雅人木村拓哉……。ベテランから若手まで、美しきスターたちが魅せる新ドラマを一挙紹介します。(編集部・石井百合子)

[PR]

中村倫也「美食探偵 明智五郎」4月12日スタート 毎週日曜夜10:30~日本テレビ系

美食探偵
原作「美食探偵-明智五郎-」東村アキコ(集英社「ココハナ」連載)(C)東村アキコ/集英社

 「海月姫」「東京タラレバ娘」など映像化が相次ぐ東村アキコの漫画に基づくサスペンス。2018年放送の朝ドラ「半分、青い。」のゆるふわイケメン、マアくんや昨年7月期ドラマ「凪のお暇」(TBS系)の人たらしの青年ゴン役などで話題を呼んだ中村倫也が、2007年放送の「ハリ系」(日本テレビ系※当時は中村友也)以来2度目の連ドラ主演を務める。中村が演じるのは、容姿端麗だが変わり者で、類いまれなグルメ知識を駆使して殺人事件を解決していく探偵の明智五郎。

【ここがポイント】美しき殺人鬼との禁断の関係

美食探偵

 明智は、個性的なウェービーヘアとループタイがトレードマークで、一流デパート・扇屋百貨店社長の御曹司でもあり、連続殺人鬼に変貌してしまう主婦“マグダラのマリア”(小池栄子)との禁断の関係を繰り広げる。中村は「このドラマは、殺人を犯す動機や切り口が今までのミステリーと違うところが見どころですね」と話しており、衣裳のスーツは中村が生地選びから参加し、スタッフと共に作り上げたオーダーメイドだという。

[PR]

織田裕二「SUITS/スーツ2」4月13日スタート 毎週月曜夜9:00~フジテレビ系

スーツ
(C)フジテレビ

 ガブリエル・マクト&パトリック・J・アダムス共演の米ドラマ「SUITS/スーツ」のシーズン2を原作としたリーガルドラマ。織田裕二が「幸村・上杉法律事務所」で働く負け知らずの敏腕弁護士・甲斐正午(かい・しょうご)を、中島裕翔Hey! Say! JUMP)が経歴詐称の天才ニセ弁護士・鈴木大輔(すずき・だいすけ)を続投。前作は甲斐が大輔に2年間のボストン留学を勧めるところで幕を閉じたが、シーズン2では東京に帰ってきた大輔が再び甲斐とバディを結成する。

【ここがポイント】織田裕二、ハマリ役の「食えない」キャラ

スーツ

 主演の織田にとって、地上波の連続ドラマのシリーズ化はキャリア初となり「言われたら言い返す、言われなくても言い返す甲斐正午という弁護士。紳士の仮面を被った狼、野心家で自信家のちょっと小さい男。こういう役を演じるのは楽しいです。また暴れまわります!」と気合い十分。一方、中島は織田との再共演に「近くにいると尊敬する部分や“主演たるものこうだ!”みたいなものを感じることができるので、そういうところをバッチリ盗みつつ、自分からも何かいい影響を織田さんに与えられるようになりたいなと思います!“成長したな”って織田さんに言ってもらいたいです!」と意気込みを語っている。

[PR]

玉木宏&高橋一生「竜の道 二つの顔の復讐者」放送日未定 毎週火曜夜9:00~カンテレ・フジテレビ系

竜の道

 2015年に急逝した作家・白川道の未完小説を原作に、養父母を死に追いやった運送会社社長への復讐を誓った双子の兄弟の20年にわたる軌跡を描くサスペンス。玉木宏が復讐のために顔も名前も変えて裏社会に身を投じた主人公の竜一を、高橋一生がその弟で運送会社を監督する国土交通省のエリート官僚として権力を掌握していく竜二を演じる。

【ここがポイント】意外にもこれが初共演!

竜の道

 玉木と高橋の共演はこれが初となり、それぞれ以下のようにコメントしている。「今回、高橋一生さんと、性格の違いはありますが同じベクトルを向いた双子の兄弟役として共演することはすごく楽しみです。竜一と竜二はそれぞれ違うパートを生きていきながら、最終的なゴールは同じだと思うので、『2人で一つ』ということは頭の中に置きつつ、劇中で『汚いことは俺がやる』といった竜一の言葉があるように、それぞれのやるべきことを全うする意識を持って芝居に臨みたいと思います」(玉木)、「今回、初めて玉木さんにお会いしましたが、その際に自分が感じた玉木さんの動きや話し方といった居住まいを、お芝居に活かしていきたいと思います。また、竜一と竜二で、まるで自分を投影するかのように妹の美佐に対する『家族として愛するとはどういうことなのか?』といった考えの違いがあります。それが2人のお芝居を通してはっきりわかってくると面白いなと思います」(高橋)。

[PR]

中島健人&平野紫耀「未満警察 ミッドナイトランナー」放送日未定 毎週土曜夜10:00~日本テレビ系

未満警察
(C) 日本テレビ

 警察学校の対照的な学生コンビが、授業で得た知識を駆使して難事件を解決していくクライムサスペンス。Sexy Zone の中島健人と King & Prince の平野紫耀がダブル主演を務め、中島が圧倒的な記憶力と鋭い洞察力を備えた頭脳派の本間快、平野が感情先行型で武道経験者もいなしてしまう体力派の一ノ瀬次郎に。本間は、意識高い系をこじらせて就職に失敗した元フリーター、一ノ瀬は亡き兄の遺志を継いで警察官を志望したという設定。

【ここがポイント】仲良しの先輩・後輩コンビの共演
 中島と平野は「紫耀」「健人くん」と呼び合う、気心が知れた仲。中島にとって連ドラ出演は新米刑事にふんした「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」(2018年10月クール放送・日本テレビ系)以来。「約1年ぶりの連ドラで、さらに紫耀と一緒と聞いて、とても嬉しかったです。知り合ってから本当に長い付き合いなので、今まで培ってきた僕たちのコンビネーションが、このドラマの随所に現れるんじゃないかと思います」とコメント。平野は、名門校に通う御曹司にふんした「花のち晴れ~花男 Next Season~」(2018年4月クール・TBS系)以来の連ドラ出演。「これまでジャニーズの先輩とドラマで共演する機会があまりなかったので、健人くんからいろいろいろいろなことを学び、一緒にバディとして成長しながら、一ノ瀬次郎としてかっこいい警察官になれるよう頑張っていきたいです」と意気込みを語っている。

[PR]

田中圭「らせんの迷宮~DNA科学捜査~」放送日未定 毎週金曜夜8:00~テレビ東京系

らせんの迷宮

 「ビッグコミック増刊号」で連載されたミステリー漫画「らせんの迷宮-遺伝子捜査-」(作・夏緑、画・菊田洋之)を原作にしたミステリー。「DNAは嘘をつかない」が口癖の天才遺伝子科学者が、熱血刑事や科捜研と協力して難事件を解き明かす。田中が演じるのは、30億もの遺伝子配列を記憶している天才科学者にして研究に没頭するあまり、時に常軌を逸した行動をとる神保仁(じんぼ・じん)。熱血刑事・安堂源次(あんどう・げんじ)を演じる安田顕とは初共演となる。

【ここがポイント】「普通」ではない理系キャラ

らせんの迷宮

 2019年も「おっさんずラブ -in the sky-」(テレビ朝日系)、「あなたの番です」(日本テレビ系)などドラマ出演が相次ぎ、3月に放送されたスペシャルドラマ「不協和音 炎の刑事 VS 氷の検事」(テレビ朝日系)の熱血刑事役も話題を呼んだ田中。「自分の役も特徴的で、今まで普通が持ち味の役ばかりやってきたので、最初は戸惑ったり照れたりするだろうと思いますが、自分なりの神保准教授を生きられればいいなと思います。皆さま楽しみにしていてください。そして、毎週一緒に事件を解決していってください!」と視聴者に呼び掛けている。なお、田中は「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(放送日未定、フジテレビ系で毎週木曜夜10時~)では病院薬剤師にふんし、石原さとみと4年半ぶりに共演する。

[PR]

綾野剛、星野源「MIU404」放送日未定 毎週金曜夜10:00~TBS系

 綾野剛と星野源がダブル主演を務め、初動捜査のプロフェッショナル「機動捜査隊」の活躍を描く刑事ドラマ。脚本は、星野出演の大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(2016)や、「アンナチュラル」(2018)などの野木亜紀子。綾野は、機動力と運動神経は抜群だが機捜経験がなく隙あらば暴走する伊吹藍(いぶき・あい)に、星野は観察眼と社交力に長けているものの、自分も他人も信用しない理性的な志摩一未(しま・かずみ)にふんし、対照的な2人がバディを組んで24時間のタイムリミットの中で事件解決を目指す。

【ここがポイント】人気者2人の再共演
 綾野と星野の共演は、2017年10月期放送の「コウノドリ(第2シリーズ)」以来、約2年半ぶり。それぞれ再共演に以下のようにコメントしている。「日本一のテレビドラマCrewが集結しました。脚本は野木亜紀子さんの完全オリジナル作品です。新井プロデューサー、塚原監督、各部署スタッフ、各キャスト、そして源ちゃんと共にブレーキ無しのトップギアでお届けします。乞うご期待! やばいよ、攻めてますよ、ワクワクが止まらないぜ!」(綾野)、「僕が演じる志摩一未は、刑事としてとても優秀なのに他人や正義というものを全く信じていない。野木さんと打ち合わせした時、『いい人じゃない星野源が見たい!』と言われ、自分もそう思っていたのですごくうれしくて。今までにない自分を出せそうで、ワクワクしています。そして剛くんとの共演は、『コウノドリ』で培ったものをまた別の形で表現できそうだと感じ、うれしく思います」(星野)。

[PR]

堺雅人「半沢直樹」放送日未定 毎週日曜夜9:00~TBS系

 2013年7月クールのTBS・日曜劇場枠(毎週日曜夜9時~)で放送され、最終回は42.2%の視聴率を記録(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)。堺雅人演じる主人公の型破りな銀行マン・半沢直樹のセリフに出てくる「倍返し」がユーキャン新語・流行語大賞に輝くなど、社会現象を巻き起こした大ヒットドラマの、7年ぶりとなる続編。池井戸潤の「半沢直樹」シリーズから「ロスジェネの逆襲」と「銀翼のイカロス」(ダイヤモンド社/講談社文庫)を原作に、最終回で子会社に飛ばされ東京セントラル証券の営業企画部長となった半沢に起こる事件が描かれる。上戸彩及川光博片岡愛之助北大路欣也香川照之ら前作のメインキャストのほか、賀来賢人今田美桜井川遥ら15名の新キャストが決定している。

【ここがポイント】やっぱり気になる「倍返し」のワード
 堺にとって民放の連ドラ主演は2015年放送の「Dr.倫太郎」(日本テレビ系)以来、約5年ぶり。今作でも「倍返し」を期待しているという問いかけに「がんばります。でも『倍返し』って、はじめに意地悪してくれる相手がいないとできないんですよね。だから半沢の『倍返し』は、香川(照之)さんをはじめ、石丸(幹二)さん、宇梶(剛士)さん、(片岡)愛之助さん、手塚(とおる)さん、山田(純大)さんなど、共演した方々との共有物だと思っています。一人で倍返しはできません。今回の敵も強烈で凄い方ばかりだと聞いております。みなさんと力強い『倍返し』を作っていきたいです」と話している。

[PR]

木村拓哉「BG ~身辺警護人~」放送日未定 毎週木曜夜9:00~テレビ朝日系

BG
(C)テレビ朝日

 2018年1月期に放送された木村拓哉主演のサスペンス「BG ~身辺警護人~」(テレビ朝日系)の第2弾。前作では木村演じる島崎章(しまざき・あきら)をはじめ、高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)ら民間警備会社「日ノ出警備保障」で働くボディガードたちの活躍、絆が描かれたが、新シーズンでは、組織から独立し私設ボディガードとなった章らの物語が展開する。市川実日子勝村政信仲村トオルなにわ男子関西ジャニーズJr.道枝駿佑ら新キャストも登場する。

【ここがポイント】木村が束ねるチームの力
 木村は新シーズンを迎えるにあたり章というキャラクターを「警護に関しては非常に完璧だけど、それ以外の恋愛や親子関係などでは発展途上。そんな“まだ完成されてない感”が島崎章の魅力だと、僕は感じています」と分析。日曜劇場「グランメゾン東京」(2019年10月クール・TBS系)でフレンチのシェフにふんした際には劇中に登場する料理を全て自身で手掛けるなどストイックな取り組みで知られる木村は、本作ではスタッフ、キャストとセッションを行ったことを明かしている。「実は今回、僕のわがままで脚本の井上由美子さん、プロデューサーの皆さん、そして斎藤さんや間宮さんにも同席していただき、台本の準備稿をもとに各々の考えや疑問点を全部吐き出すセッションをさせていただきました。そこでみんなの意見が整理整頓され、『しっかり煮詰まったな!』と感じる決定稿が出来上がりました」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]